読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松村堂

気になることは、気にとめる事にしました。

新年会

 

今日は、会社スタッフ全員参加で新年会が京都伏見の松本酒造株式会社

近くでありました。僕自身めったに伏見区に行く用事がないので

松本酒造の存在をよく知りませんでした。今日は、たまたま会場まで

徒歩する機会があったので歩きました。

その歩いた場所から松本酒造が、ばっちり見えたのです。

川向こうの土手を歩いていた時に煙突が、ライトアップされていました。

f:id:rjmatsumura:20170106002942j:plain

建物もぼんやり町明りに照らされとても幻想的でした。

 

f:id:rjmatsumura:20170106003057j:plain

この建物は、よくわかりませんが恐らく酒蔵かな・・・・。

 

f:id:rjmatsumura:20170106003228j:plain

昼間見るとこんな感じで凄くノスタルジックでしぶいですね・・・・。

 

f:id:rjmatsumura:20170106003520j:plain

塀瓦が永遠と続いてる訳ではないのですがこの写真をみると

永遠的な感じがします・・・・・。

 

f:id:rjmatsumura:20170106003845j:plain

酒造場とその前景の菜の花畑は「燃えよ剣」や「必殺仕事人」をはじめとする時代劇の撮影地となっている場所で、広く知られている。大正11年に建てられた酒蔵と煉瓦建造物の倉庫煙突月桂冠大倉記念館十石舟等とともに「伏見の日本酒醸造関連遺産」として2007年(平成19年)に経済産業省の近代化産業遺産に認定された。

更に昭和29年頃建てられた万暁院と、創建は江戸時代にまで遡る正門が、2008年(平成20年)、国の登録有形文化財に登録された。                                                          by Wikipedia

 

f:id:rjmatsumura:20170106004348j:plain

何のコメントも書かれていないポスターが、なんと画鋲でとまっていました。

それにしてもなんとも不気味な一枚です。

 

f:id:rjmatsumura:20170106004810j:plain

で目的地の宴会会場でいきなりこの画像 THEもんじゃ焼き

ビジュアル的には、お世辞にも美しい食材とは思えませんでした。

でも大変おいしくいただきました。

 

明日は、金曜日です。また週末休みなんて人は日本中に沢山いるんでしょうね。

しばらくはお正月気分でおせち料理を楽しむ事にしましょう・・・・。