読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松村堂

気になることは、気にとめる事にしました。

ローンが通らない本当の理由はコレ

 

f:id:rjmatsumura:20170515194910j:plain

最近の買い物は、大きなものから小さなものまでクレジットカードで、支払いされている方が目立ちます。現に僕も含め周りの人達も、やはりカード決済する人が殆どです。銀行に溢れるほど貯蓄があれば、問題ないのですが、「使った分だけ」とか「必要最小限」なんかで預金を管理していると大事な時に思わぬしっぺ返しを貰います。

借り入れは、貸金業法の中に総量規制と言うのがあり、借りる事ができる額の総額に制限を設ける、新しい規制のことです。この新しい規制は、もうすでに平成22年6月18日から実施されています。具体的には、貸金業者からの借入残高が年収の3分の1を超える場合、新規の借入れをすることができなくなる仕組みです。

但し、住宅ローンとカーローンは、対象外とされています。しかしお金を借りると言う事には何の違いも有りません。なので無理の無い借り入れ、そして返済が重要になります。僕は仕事柄ローンを沢山取り扱っていますが、必ずしも通る人ばかりではありません。そこで僕の知ってる限りのローン審査攻略の情報を提供します。これがクリア出来ればまず、ローンはスムーズに審査をパスする事でしょう。

 

情報は全て筒抜け過去も現在も審査対象

クレジットはすべてCICという信用情報機関の情報を取り入れています。

株式会社CIC:シー・アイ・シーは、クレジット会社の共同出資により、昭和59年に設立された、主に割賦販売や消費者ローン等のクレジット事業を営む企業を会員とする信用情報機関です。また、CICは、割賦販売法および貸金業法に基づく指定信用情報機関として指定を受けた唯一の指定信用情報機関です。

という訳で銀行系のカードローンもすべてここの機関を利用しています。

 

          f:id:rjmatsumura:20170516014712j:plain

 

隠しても分かる金銭に関わるウソ

よくあるのが、過去に何らかのクレジットかローンで延滞を繰り返したりされた人でも実際に記憶から消えた人も「バレないだろう、昔だし」とかでローンを組むと審査が通らない場合があります。何年前までさかのぼるかは、不明ですが注意のポイントです。

 

 

ほぼこれで一発アウト

カードでもローンでも延滞すれば、必ずローンが通らない訳では有りません。では、何が駄目なのか、2ヶ月連続滞納でアウトです。1ヶ月目は、うっかりがあっても譲歩されます。但し次の月も支払いが滞ると「返す気が無い」と判断され記録されます。

 

 

こうすればギリ通る可能性が出て来る

ここはクレジット会社の審査部責任者が、関わってきます。頭金を僅かでも入れて購入意思をアピールする。クレジット会社は、こう見ています。「買う気があるならその商品に対して少しでも資金を貯めるのが普通です。計画性が無いから頭金が無いのです。」という具合です。あと、保証人も有効です。お金が無いから借りる。なので返済能力のある人を後ろ盾として差し出せば勝算ありです。

 

 

ホワイト、ブラック、そしてグレーがある

個々のクレジット会社の方針にもよりますが、会社の成績を上げるにはやはり1件でも多いユーザーを獲得しなければなりません。したがって「ホワイトは、問題なし」「ブラックは、アウト」そしてここが問題です。「グレーは、セーフ」です。要は、そのクレジット会社の審査部署にイケイケの責任者が居ればグレーは、セーフになるのです。

具体的にグレーな人とは、先ほども少し触れましたが、延滞1ヶ月までをちょくちょくするような事です。勿論、他にもグレーな問題は、あるかと思いますが大目に見てもらえる部分があるのです。

 

 

審査の仕組み最初はロボットが審査する

現在行われているローンの予審は、大手ローン会社などはロボットを使っています。店頭での解答がよりスピーディーに行われる為のものです。クリアになる基準をロボットにプログラムしてこの段階で問題が無ければ一発でOKです。問題が、発生すると予審部の担当者がチェックして是非を判断する。最後は人が決めるという訳です。

 

 

まとめ

全く現金が無くローンを組む人はあまりいません。月々の支払いに余裕を持つ意味で長期のローンを組んで返済する人が圧倒的です。故に欲しいものが出てくるとまだ余裕があると思い重複してローンを組みます。この段階で多重債務者の道に足を踏み入れてしまうのです。ローン会社は、延滞がなければ少々負債が大きくても問題なくローンを通します。しかし何らかの原因で返済できない状況になり延滞が始まると、どんどん借り入れが難しくなります。「無いから借りる」「無いから返せない」そもそも無いのです。ローンは「有る」を金利というかたちで借りているだけなのです。最初にも触れましたが僕たちの台所事情はしっかり情報機関に見張られています。スムーズなOKをもらう為には、ルーズな返済はタブーなのです。

 

       僕のお奨めです。