松村堂

気になることは、気にとめる事にしました。

美味しく見えれば言う事なし

 

f:id:rjmatsumura:20170616021241j:plain

メガネは、永遠のパートナー

僕は、13歳の頃から眼鏡をかけています。俗にいう近視です。学校の先生に社会勉強のし過ぎだとよく嫌味を言われました。ここで言う社会勉強は、テレビの事です。言い訳になりますが、当時の自宅は小さく、テレビを見るのに凄く近い距離で無いと見れなかったからなのです。

それから数十年の月日が経ちました。一時は、コンタクトレンズをしようと試みましたが、長続きせずせいぜいスポーツ時に付けるのが関の山でした。間もなくそれさえしなくなり今は、眼鏡一本です。考えてみれば、家族よりも長い付き合いです。

 

 

近眼から老眼への変化を日々実感する

今の仕事に就くまでは、パソコンを一日見ている事なんか想像もつきませんでしたが、現在は、ほぼ毎日パソコンの前に張り付いて仕事をしている状態です。そういえば、最近よく目がかすむんです。焦点が合わないというか要は見難いんですね。こんな状況になるのは、寝起きの時と目が痒く擦り倒した時くらいでした。

僕の場合ベースが近眼なので焦点が合わない時は、眼鏡を外すとピシャッと焦点が合うのです。ただお客さんの前で細かな字を見るたびに眼鏡を上げたり、下げたりするのはあまりスマートではないので眼鏡の度数を落とすことにしました。

そうする事によって遠方は、多少見難くなりますが、その分近いところがよく見えるようになります。因みに今までこの方法を2回行っています。それでも近頃、細かな字がまた見え難くなってきました。もうこれ以上度数を下げると今度は、車の運転などにも影響が出るので度数は、触れません。

 

 

いよいよ禁断の果実のお出ましになるか

こうなってくると禁断の果実のお出ましです。その名は、「老眼鏡」です。僕の場合。近眼の眼鏡から老眼の眼鏡へ交互に掛ける・・・?なんてことは、面倒臭くてとても遣ってられません。そうなると遠近両用の老眼鏡になる訳ですね。しかしながら今一歩それにするのに躊躇しているのです。なんかコレをかける事によって老人のレッテルを貼られた気になってしまうのです。なので時々焦点が、合わない時は感でキーボードを打っています。そこで悪あがきアイティムにチャレンジする事にしました。

 

 

老眼が軽減されるキャンディーに挑戦

f:id:rjmatsumura:20170616025852j:plain

このブルーベリーキャンディーです。ブルベリーは、視力をよくする成分が豊富に入っているなんて聞いたもんですからよけと意識してしまうんですよね。味も結構美味しくて一日数粒食べています。因みに僕が食べているのが、発売されている「濃ーいブルーべリーEX」です。従来からあるただの「濃ーいブルーべリー」なんてのもありますが、せっかくなので成分20%EXを頂いています。

f:id:rjmatsumura:20170616031158j:plain

これは、僕も食べたことが無いので何とも言えませんが、僕の思うに味は、さほど変わらない様な気がします。

まとめ

キャンディーの効果は、正直出る時と出ない時があります。でも確実にスッキリ見える時があるのでおまじない的にしばらく続けたいと思います。あとは、老眼鏡をどのタイミングで購入するかです。それとこの「えんきん」なんていうサプリメントもためしてみたいですね。