松村堂

気になることは、気にとめる事にしました。

カリフラワーでこんなの見たこと無いです。

 

「魔女の宅急便」キキが17歳女子校生に とんぼとの“恋の行方”

「魔女の宅急便」で主人公をしていたキキが、女子高校生満喫している設定のCMがあるそうなので、早速チェックしてみました!「あっ宮崎監督のじゃ無い・・・。」画風は、さすがに違いますが、天下の日清カップヌードルの新CMシリーズとしての第一弾です。「HUNGRY DAYS 魔女の宅急便 篇」として19日から見れているそうです。CMなので、あれもこれもその後を描く訳には行かないでしょうけど、見る側は、そりゃ~気になるでしょ・・・。

例えば黒猫のジジはその後どうなったのかとか絵描きのお姉さんは、結婚したのかとか個人的にもあの時描かれていなかった物語をついつい想像してしまいますね。制作スタッフには、窪之内英策氏がキャラクターデザインを担当するほか、BUMP OF CHICKENがオリジナル楽曲「記念撮影」を提供するそうです。宮崎監督が作る「魔女の宅急便」をイメージしたら若干ショックを受けるかも。僕は、やっぱりユーミンかな・・・。

 

 

カリフラワー色々色のお話

今日、お客さんが、ジャガイモをたくさん持ってきてくれました。実は、そのお客さんは、農業をされていて時々収穫したものを頂けるのです。この間は、大きなキャベツを頂きました。そしてそのジャガイモの中に紫色のジャガイモがいくつも入ってました。お客さん曰く「モチモチして美味しいよ。」正直どう美味しいか想像できないので食べたら食レポ書きたいと思います。さて、今回その色の付いた野菜は、色々ある話からお客さんが「僕の所は、クリスマス前にオレンジブーケというカリフラワーを毎年作って出荷してます。」といいそれが好評で今も続けているそうです。それにカリフラワーは、白い色が一般的ですがこの黄色いカリフラワーのほかに紫色のものまであるそうです。

 

f:id:rjmatsumura:20170619205052j:plain

標準和名ではハナヤサイ(花椰菜)と呼ばれ、同類のキャベツをカンラン(甘藍)と呼ぶのに対して、カリフラワーは花カンランとも呼ばれているそうです。

 

 

普通のカリフラワー

f:id:rjmatsumura:20170619205140j:plain

 これが僕たちがよく見るカリフラワーです。お客さん曰く「育てていると綺麗な野菜なだけに紫外線に弱くすぐ日焼けして黒くなるので大変です」って言ってました。

 

 

お客さんこだわりのカリフラワー(オレンジブーケ)

f:id:rjmatsumura:20170619205152j:plain

これがお客さんが作っていると言っていた オレンジブーケです。またできたら持ってきてくれるそうなので楽しみにしています。

 

 

こんなのもあるよのカリフラワー

f:id:rjmatsumura:20170619205223j:plain

バイオレットクインとかパープルフラワー
これは作ってないそうですがこんなのもあるよと教えてくれました。

 

 

今日頂いたジャガイモたち

f:id:rjmatsumura:20170620033728j:plain

f:id:rjmatsumura:20170620033049j:plain

因みに今日貰ったジャガイモは、こんな感じです。他のジャガイモも混ぜてて頂きました。とにかく土だらけなので今回は、袋の中で撮影です。

 

 

まとめ

最近農家の人達と妙な情報交換が出来るようになりました。築地市場の裏話や今の野菜の流通事情などなるほどと思う話を沢山聞かせてもらいました。市場の価格を操作するのに一生懸命作った作物を廃棄したりする事や、産地偽装する心無い人たちがいたりとかここで書く事の出来ない話も沢山聞きました。いずれにしても第一次産業とされる仕事は大変だと改めて思います。