松村堂

気になることは、気にとめる事にしました。

ストレスと白髪の因果関係は本当にあるのか

 

楽天マガジン

毎日暑いですね。ところでいきなりですが、「夏場冷たいものをたくさん取ると秋に髪の毛が抜ける。」などとなんとなく昔からよく耳にしませんでしたか?実際これが本当かどうかは分かりませんが、そこで今回は、それとよく似たお話を紹介したいと思います。抜けるのではなく白くなるお話です。

f:id:rjmatsumura:20170829202928j:plain

何かとてつもない恐怖や強いストレスで一気に増えることも

漫画「あしたのジョー」でホセ・メンドウサが何度も立ち上がってくる矢吹ジョーに恐怖を感じ一瞬にして白髪になったシーンが印象的でした・・・。

 

様々な原因が髪の毛を白くする

毛髪というのは成長する過程でメラニン色素が取り込まれて色がつきます。そして逆に老化、ストレス、遺伝、栄養不足が白髪の原因とされています。一説によるとあの捕われたマリーアントワネットの伝説にヒントが見えてきます・・・。歳をとるにつれ、髪に白いものが混じり始めるのは誰にでもあります。しかしそれが、あるとき髪全体が一気に白くなってしまう、なんてことが起きるのでしょうか。

歴史的に有名なエピソードに18世紀のフランス王妃、マリーアントワネットの伝説があったそうです。それはフランス革命でギロチン台で処刑されたマリーアントワネットですが、革命軍に捕われ幽閉されたとき、処刑の恐怖のあまり一夜にして白髪になってしまったというのです。ただこれはあくまでも伝説なので真偽のほどは確かめようもありません・・・。ただ髪が成長するメカニズムからいうと、こんなことはあり得ないというのが正直なところです。

 

 

毛髪のメカニズムについて

f:id:rjmatsumura:20170830035052j:plain

髪の毛は、皮膚に埋まっている部分を毛根(もうこん)といいます。毛根の最下部には毛細血管が通る毛乳頭(もうにゅうとう)があり、ここから栄養を吸収した毛母(もうぼ)細胞が細胞分裂を繰り返しながら少しずつ押し上げられ、頭皮の上に出て毛髪となるそうです。そしてこの過程のなかで、毛母細胞の間にある色素細胞(メラノサイト)がメラニン色素をつくり出し、それが毛母細胞に取り込まれ、頭皮から出るときは色のついた毛髪となるとされています。毛髪は男性で3~5年、女性で4~6年伸び続けるといわれます。この間、色素細胞はメラニン色素をつくり続け、髪の色が維持されるのです。

 

 

ストレスは毛髪の生育や色素細胞の働きの妨げになる

ところが、色素細胞の働きが何らかの原因で低下してメラニン色素をつくり出すことができない事態が起こると、色素を取り込めなかった髪が、白髪となって生えてきます。色素細胞の働きを低下させる原因はいくつかあるようですが、これは誰にも避けることができません・・・。いわゆる「老化」だからです。歳をとるにつれて色素細胞はその働きが低下するだけでなく、数そのものも減ってくるためメラニン色素ができにくくなるとされています。

 

 

若い人でも時々目にする白髪はなぜ

f:id:rjmatsumura:20170830035628j:plain

しかしなかには、10代や20代でも白髪が目立つ人もいます。これには遺伝的要素が強いといわれているそうすが、はっきり解明されているわけではなく、偏った食生活や睡眠不足といった生活習慣も関係しているのではないかと考えられています。また、ストレスも白髪をもたらす大きな要因の1つのようです。ストレスがかかると毛細血管が収縮するので、毛母細胞や色素細胞の働きを弱めてしまうことが考えられます。


マリーアントワネットの一夜伝説は、まさに極度のストレスによるものでしょうが、メラニン色素が供給されるのは毛根から伸びていくときで、頭皮から外に出てすでに色がついた毛髪が白くなることはありません。ですから、一晩で白髪になるなどということは、脱色でもしない限りあり得ないことと判明しました。

そもそも、ストレス状態が続けば、メラニン色素の生成が妨げられたりしたところから徐々に白髪として現れてくるので、気づいたときには一気に白髪が増えていた、という印象を持つことはあるかもしれません。

 

 

日頃の食生活で白髪の進行を遅らす

日々の食事の中に亜鉛や銅、カルシウムなどのミネラル摂取を意識する。白髪の発生を抑えるには、規則正しい生活やストレスの解消などに心がけることが基本になります。なかでも、栄養バランスのよい食事に努めることは重要なポイントです。毛髪の主な原料はアミノ酸ですが、その合成には亜鉛が必要だそうです。また、メラニン色素の原料はチロシンというアミノ酸の一種で、その合成には銅が欠かせないそうです。さらに、カルシウムは色素細胞を活性化します。たんぱく質、ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンEなども髪の成長に必要となります。

 

 

白髪予防にオススメ栄養満点の食材

亜鉛:玄米、アーモンド、海藻、牛肉、貝、葉物野菜、きのこ類 など銅 :牛・豚レバー、アーモンド、牡蠣、えび、いか、納豆 などカルシウム:乳製品、小魚、大豆・大豆製品、ナッツ類、海藻、葉物野菜 etc・・・

 

 

まとめ

結局のところ今回の調査で分かった事は、一日にして白髪は、無いと言う事です。言われてみれば、僕の周りでも比較的ショートカットの人が、しばらくぶりに見ると「白くなったな~・・・。」なんて感じていました。しかしながら健康であるにもかかわらず体に及ぼす全ての変化が「老化」と片づけられるのは、なんとなく嫌な気持ちになりますね・・・。

 

参考資料:(株)法研