松村堂

気になることは、気にとめる事にしました。

人混みを避けた京都探訪

f:id:rjmatsumura:20200327113324j:plain

 日に日に深刻化を増すコロナウイルスですが、ホント大変なことになってきました。周りでも在宅勤務や海外からの撤収などワイドショーだけの話で収まらなくなってきました。そんな中、クラスター感染を回避しながら春の京都を楽しめないものかと人が、それほど集まりそうもないところを満喫してきました。さて、結構日となったのは先日の3月25日水曜日です。そして問題の移動手段は定番のHONDAカブです。というわけでいつもの友人と快晴の京都をコロナウイルスに警戒しながら探訪に出動しました。

今回は、約3時間ほどで廻れる「チョッとだけマニアック編」です。いつもの通り山科の友人宅を午前9時に出発です。まず最初に訪れたのが、出発地点よりさほど遠くない「大石神社」です。ここ大石神社は昭和10年に赤穂浪士大石内蔵助良雄公の義挙を顕彰するために、大石内蔵助良雄公をご祭神として創建された神社だそうです。
忠臣蔵にて主君の仇討ちという大願を果たした祭神に因み、「大願成就」の神徳で信仰を集めてもいるようですよ…。ところで「大石 内蔵助:おおい しくらのすけ」の内蔵助は通称で本当は「大石良雄:よしお/よしたか」だそうです。なんか親近感がわきますね…。

 

 

f:id:rjmatsumura:20200327115005j:plain

 毎度のことながら、僕の写真のセンスは最悪です。なのでぜひ現地に行って見てほしいところです。因みに今は桜が満開です!

 

 

f:id:rjmatsumura:20200327115258j:plain

 きれいでしょ!

 

 

f:id:rjmatsumura:20200327115320j:plain

 そうそうここにはなぜかポニーがいます。名前は「花子ちゃん!」です。平成11年4月30日が誕生日で来月で21歳になります。因みに馬の仲間でもあるポニーは年齢を4倍することで人間の年齢になるそうです。なので花子ちゃんは84歳です。それにしてはかなり若く見えますよね~…。また驚くことに馬は、20歳(80歳)になってもお産ができるようです。それに35歳(140歳)くらいまで人生というか馬生を全うするらしいですよ。すばらしい!そういえば花子ちゃんは、生まれた時からここにいるのではなく平成19年にここ大石神社に来たそうです。

 

 

f:id:rjmatsumura:20200327143812j:plain

 ここは豊臣秀吉の 墓所がある「豊国廟:ほうこくびょう」です。東山区は阿弥陀ヶ峰の山頂、ふもとから563段の石段を登ったところにあるのです。

 

 

f:id:rjmatsumura:20200327144245j:plain

  ふもとの京都女子大学あたりからてくてくと歩き数段の階段を上りおそらくここから489段の階段を登りきるのです。去年の夏に一度廟所まで登りましたが、下りは太ももがプルプルして僕的には結構ヤバかったです。しかし、この時若者数名がトレーニングウェア姿でウォーミングアップしていたのです。まさかと思いその若者に思わず声を掛けました。

僕:「ひょっとしてコレ上るの?」

若者:「エッ、は~上ります。」

僕:「ひょっとして軽く駆け足とかで?」

若者:「ま~、そうっス。」

僕:「まさか何往復とかしたりして…?」

若者:「ハイ、たぶん…。」

僕:「因みに何往復するの?」

若者:「まだトレーニングのコーディネーターが来ていないので分りません。」

僕:「へ~。因みに最高どれくらい往復したことあるの?」

若者:「僕は、6往復ですね。因みにほかのメンバーは10往復してますよ。」

僕:「・・・・汗。なんのスポーツしてるの?」

若者:「僕達は、アストリーとではないのでスポーツはしていません。」

僕:「エッ?じゃ~何で…」

若者:「実は僕達消防隊員なんです。なので訓練としてこの豊国廟を使っています。」

僕:「お仕事ご苦労様です。頑張ってください。」とこんなやり取りがありました。そりゃ~確かに火事の時消防士が、エレベーターを使って消火しに行くなんてどう考えてもおかしいですからね…。

 

 

f:id:rjmatsumura:20200327150737j:plain

 どうですか?コレ。手すりも何もなく微妙に狭く休めるところは一切ありません。もちろん階段は、見えてる部分だけではないので安心してください。なんせ489段ですからね…。

 

 

f:id:rjmatsumura:20200327151113j:plain

 これは豊国廟の入り口から市内を写したものです。左側に京都タワーが映っています。手前の建物が京都女子大学です。

 

 

f:id:rjmatsumura:20200327152010j:plain

 京都の定番スポットで有名な祇園白川 元吉町エリアです。

 

 

f:id:rjmatsumura:20200327152155j:plain

 どうですこのガラガラ感!長いこと京都にいてますが、これほど閑散とした街並みは久しく見たことがありません。因みにここに到着したのはお昼前ですよ!

 

 

f:id:rjmatsumura:20200327152349j:plain

 何かの雑誌なのか撮影隊しか見当たりませんでした…。

 

 

f:id:rjmatsumura:20200327152443j:plain

 閑散とはまさにこのことですね…。

 

 

f:id:rjmatsumura:20200327152525j:plain

 同じ衣装を着たモデルさんが等間隔で撮影していたのが印象的です。

 

 

f:id:rjmatsumura:20200327152620j:plain

 む~ん。寂しいまるで人のいない映画のセットみたい。

 

 

f:id:rjmatsumura:20200327152804j:plain

 撮影の小道具が「辰巳大明神」と書かれた石標の側に無造作に置かれている。それにしても、もう少し考えて置いてほしいものですよね…。

 

 

 

f:id:rjmatsumura:20200327153735j:plain

 ここは僕も始めてきましたが、明智光秀公の首塚です。今は大河ドラマ「麒麟がくる」で脚光を浴びているあの明智光秀の首塚です。自刃(じじん)した光秀を、家臣の溝尾茂朝が介錯したところまでは諸説一致しますが、その後の首級(しゅきゅう)の顛末はまちまちになっています。茂朝が居城の坂本へ持ち帰ったとか、難を逃れるために一時土の中に埋められたとか、さらには秀吉方の手に落ちて刑場などに晒されたなんて話もあります。その中のひとつがここ、明智光秀の首塚とされています。

「京都坊目誌」なるものによると、隠されていた首級は発見された後に胴体と繋ぎ合わせて、粟田口刑場に晒されたとされています。そして現在の蹴上辺り(西小物座町)に、他の将兵の首と共に埋められたとされています。それから時を経て、明和8年(1771年)になって、光秀の子孫と称する、能楽の笛の演者をしていた明田利右衛門という人物が、その場所にあった石塔をもらい受けて自宅近くに祀ったそうです。そして明治維新後に現在地に移したといいます。因みに現在の首塚には、弘化2年(1845年)に造られた五重石塔、明治36年(1903年)に歌舞伎役者の市川団蔵が寄贈した墓のようで、小祠(しょうし)も建っています。祠(ほこら)の中には光秀の木像と位牌が納められており、かつては衣服の切れ端や遺骨などもあったそうですよ…。そしてこれらを管理しているのは、首塚に入る路地の角にある「餅寅」という和菓子屋さんだそうです。このお店では、桔梗(ききょう)の紋が入った「光秀饅頭」なるお饅頭が売られているとか…。というわけで現在では五重石塔が明智光秀首塚として知られているそうです。因みに写真左下に少し写っている石標は当時五輪塔のかたわらに建てられ明智光秀首塚の所在を示すものだったそうです。

 

 

f:id:rjmatsumura:20200327164855j:plain

 首塚の横にある真新しい御触書です。

 

 

f:id:rjmatsumura:20200327165640j:plain

 スケールはそんなに大きくはありませんが、後学のためにも一度は立ち寄ってみてはどうでしょう。

 

 

f:id:rjmatsumura:20200327170145j:plain

 さて何となく暗いイメージから一転抜けるような青空に映える平安神宮の大鳥居です。どうですかこのガラガラ感!ここは本当に京都の観光スポットなのでしょうか?

 

 

f:id:rjmatsumura:20200327170701j:plain

 ここは左京区の南禅寺にあるブルーボトルコーヒーです。本社は、アメリカのオークランドにあり日本ではもうおなじみのスターバックス次ぐ、ブームを巻き起こす?であろうコーヒー会社のようです。そんなサードウェイブコーヒーが京都の南禅寺にもやってきました。恥ずかしながら僕はブルーボトルのことは全然知りませんでした。なので後学のために早速コーヒーブレイクです。

 

 

f:id:rjmatsumura:20200327173719j:plain

Blue Bottle Coffee本社

 

 

f:id:rjmatsumura:20200327173158j:plain

 コーヒーの味はさておき雰囲気は僕には理解できませんでした。ただ解体中の町家に仮設のコーヒーショップを出しているようにしか見えませんでした。「インスタ映えってこういうのを言うのか…?」やっぱり僕にはわからないかも、この雰囲気が流行るのであれば、僕は流行から完全に落ちこぼれているかもしれません。

 

 

f:id:rjmatsumura:20200327174238j:plain

 最後のポイントは天智天皇山科陵です。ここは宮内庁の管轄です。

 

 

f:id:rjmatsumura:20200327174253j:plain

 ここ天智天皇山科陵の入口左側には、天皇が漏刻(ろうこく)いわゆる水時計ですね。その漏刻をつくり時刻制度を定めたことにちなんで、昭和13年6月に京都時計商組合が建立した垂直型日時計があります。結構正確に時を刻んでいるのに驚きました。

 

 

f:id:rjmatsumura:20200327174317j:plain

 だれ一人歩いていない参道です。この参道を抜けると「湯屋」があったりしてそうですあの千と千尋の神隠しのヤツです。それにしても印象的な参道は確かに高貴な人物が眠っているような雰囲気を醸し出しています。

 

 

f:id:rjmatsumura:20200327174331j:plain

 神秘的な長い参道の果てに、天智天皇の陵墓があります。白砂に囲まれ、鳥居の奥はうっそうとした森になっています。「あ~なんとなくパワーを感じる…。」一般の人が入れるのは白砂の手前まで。柵の向こうである誰も入れない白砂にも、ちゃんと手入れがされ綺麗な砂紋が描かれています。

 

 

f:id:rjmatsumura:20200327174348j:plain

 飛鳥時代の第38代天皇である天智天皇を祀る「天智天皇 山科陵」は数多い京都の天皇陵の中でも最古のものとされる由緒ある存在で、考古学的には御廟野古墳(ごびょうのこふん)という名の古墳だそうです。

 

f:id:rjmatsumura:20200327174402j:plain

 以上で今回の人込みを避けた京都探訪でした。京都にはまだまだ観光ガイドに載っていない歴史スポットがあります。どこまで紹介できるかわかりませんが、面白そうなところがあればどんどん紹介していきたいと思います。

節約は短期より長期で考える

 f:id:rjmatsumura:20200324171942j:plain

 ここ最近暖かい日が続いています。僕が通勤でつかう老ノ坂峠でも山桜が少しづつ咲き始めました。今週は若干寒の戻りがあり肌寒いですが、それでも僕の大好きな季節はすぐそこまで来ています。あとはコロナウイルスが収束してくれることを願うばかりです。さて今回は、時折テーマにしている節約についてのお話をいつもと少し違った切り口から考えてみたいと思います。僕の場合、節約は二日酔いと同じで飲みすぎた翌日に「もう飲むのやめとこ…。」と思う感覚に似ています。なのでカードの請求明細にビビる月などは「節約しよう…。」という衝動にかられます。しかしこんな安直に思う節約は所詮長続きする訳もなく効果も期待できません。そこで大きな節約を期待せず長いスパンで確実に節約するというの技があるというので早速調べてみることにしました。

 

節約の善し悪しとは

 まず最初に節約を、リッチかそれともプアーと考えた場合イメージ的にどちらかといえば後者のイメージが強い気がします。好きなものも買わずにグッと我慢する…。とにかく少しでも節約して10円、20円でも安くものを買う…。あと高いものはとにかく買わない、欲しくとも安くないと買わない…。といった感じでしょうか?しかし実は、そういったマイナスイメージの節約というのは、どうやらとても悪い節約のようなのです。なぜなら、そのような節約は一生続けることができないからだそうです。たとえば、お金を上手に貯めたとして、自分の好きなことに使うためには、まずお金の出入りを一生分くらいの長~いスパンで考えることが重要だそうです。些か大げさな考えとも思われるかもしれませんが、とにかくここでの胆は、節約を一生分で考えることなのです。

 

塵も積もれば山にならない時もある

 たとえば日用品を買いに行って、洗濯用の洗剤を買おうと思ったとします。普段よく買う洗剤が、300円で売られていたとしましょう。そしてセールの時は280円くらいだとします。「セールの割にはまだちょっと高いかも…。」と思って、節約のために買わない判断をする人もいるかもしれません。なんなら「次のセールの時を待ってから買おう」と考える人もいるでしょう。それでは、この節約は一生分でいったいどれくらいになるでしょうか。もちろん洗濯の頻度にもよりますが、2カ月に1回くらいのペースで買っていたら、1年間で20円×6回=120円。仮に35~85歳までの50年間で考えたとしても、120円×50年=6000円。一生分で、6000円の節約にしかならないのです。よく考えてみましょう。300回も節約をがんばって、6000円の差ですよ!労力の割には、あまり効果的でないと思うのは僕だけでしょうか?

 

絶対いるものをケチらない

 そんなことより衝動的に勢いで買ったけれど、結局似合わなくて1回しか着なかったような洋服や、なんとなく買ったけれど、自分の部屋にしっくりこなくてクローゼットの奥にしまっているインテリアグッズ等々とりあえずそんなもったいない買い物を1回買わないようにするだけで、6000円の節約はあっという間にできてしまいます。要するに、たまにしか買わないものや金額が小さいものは、一生分で考えてみると、節約を何百回がんばったとしても効果が小さいものなのです。まさに報われない節約術と言えるでしょう。そんな報われない節約を闇雲に続けているとそのうちストレスが溜まっていき、定期的に溜まったストレスが爆発して散財する原因になりかねないので、そっちの方がよっぽど注意必要です。

 

これからは報われる節約を心掛ける

 というわけでこれからは報われる節約を考えてみましょう。キーワードはやはり「一生分で考えて効果が高い」ということです。ポイントとしては、まず頻度が高いもの×金額が大きいものです。そう考えると、固定費は大きな見直しどころでしょう。たとえば、普段からあまり、スマートフォン代にいくら払っているか何年もチェックしたことがないなんて人は節約しがいがあるかもしれません。すぐにでもチェックしてみましょう。恐らく調べてもらったら、愕然とするくらい無駄な料金を払っているかもしれませんよ…。クレジットカード払いに依存している人もしかりです。特に支払い明細書を見ていない人は無駄遣いに、まったく気づかず節約の機会を逃がしているかもしれません。

 

1ヵ月1万円の節約が500万円の節約に

 たとえば、料金の見直しをして月額1万円程度下げることができたとしたら、仮に30歳から70歳まで使ったとすると、その差は、1万円×12カ月×40年間=480万円となり、なんと500万円近くの節約になるのです。スマートフォンがこの世に普及したのはここ10年ほどのことです。確かに技術革新や時代の変化により30年後や40年後に今と同じようなスマートフォンを使っているとは些か考え難いかもしれませんが、それでも料金が完全になくなることはないでしょう。とにかく節約は一生分を基準に考えると、いったい何が報われる節約で何が報われない節約かがわかってくるはずです。

 

やみくもに出費を下げるのは無駄

 但し、注意するポイントとして、やみくもに出費を削らないことです。ここでも一生分がカギとなります。たとえば、勉強しようと思ったけれど、お金がかかるからやめた…。というようなことはとても、もったいなく残念です。その勉強によって仕事のモチベーションが上がったり、仕事の成果につながったり、ゆくゆくは転職に有利になったり、お給料が上がったりするかもしれないからです。要は必要な出費まで削ってしまうことで、将来得られるはずだった満足感や収入を大きく失うことになりかねません。なのでそのようなことがないように、十分精査し注意する必要があるのです。

 

最後に

 したがって節約について考えた場合、大事なのは「人生をかけて考える」ということのようです。なのでこれからはまず、自分の出費のうち頻度が高いもの特に定期的に支払っているものや金額が大きいものをチェックしていきましょう。そして無理なく下げられないか?という前提で、節約を考えてみるようにしましょう。そうすることで、将来得られるはずの満足感や抑えることのできる経費、そして、収入が削られないかにも注意しながら行動していけば、きっと充実した苦にならない節約をしながら毎日を過ごせるはずです。とにかく一生をかけるつもりで、有意義な節約と消費を満喫しましょう。

 

 

話がつまらない人には共通点がある?

f:id:rjmatsumura:20200315160623j:plain

 最近すっかり記事を書けずブログが滞っております。本業であるオートバイ販売がシーズンインを迎え日々仕事に追われています。とにかくもう少し落ち着いたら楽しい記事を色々と紹介したいと思います。さて今回は、以前から思っていたことなのですが、つまらない話をするつまらない人について考えてみることにしました。

 

会話は自慢話よりも失敗談

 話がつまらない人はたいていの場合、自分の話ばかりをしたがる傾向があるようです。とにかくこの手の場合、話をしだすと一気に聞く気が失せてしまいます。特に自慢話はなかなか面倒で記憶に残らないうえに時間の無駄を強く感じる瞬間でもあります。こちらが知らないのをいいことに自身の武勇伝を好き勝手に話しまくるのでホント困ったもんです。それと、あるあるなのが行きつけのお店自慢です。どのお店の何がすごく美味しいとか、知人の又聞き自慢なんかもよく耳にします…。「僕の知り合いの知り合いにこんなに凄い人がいる…。」みたいな感じですね。誰もが子供のころによく話していたようなことです。だからと言ってはなっから、話がつまらない人にダメ出しをするのも失礼ですよね。そこで思うのが、そんな誰も興味を持たないどうでもいい自慢話ではなく、逆に、すごく恥ずかしいくらいの失敗談を話題にした方が、よほど相手の心を掴むはずだと思います。そこで今回は知らぬ間にしてしまう「つまらない話=つまらない人」について考えてみたいと思います。

 

失敗談風会話テクニック

 そもそも、失敗談にもそれなりのテクニックが必要です。謙遜しながら真面目に失敗をそのまま話すだけだと単なるダメな人だと思われてしまいます。しかし少し小技を利かして「それってあるあるの話ですよね…。」と共感されたり、「どうやったらそんな勘違いができるんですか?」と突っ込まれたり笑い飛ばされたりするような話として伝えられるとしめたものです。どこの職場でもウケのいい人は相手がツッコミたくなるような会話の振り方がとても上手なはずです。なので失敗談もお話の重要なアイティムひとつなのです。

 

アンテナを張り話題を収集する

 そこで仕込みとしてやっておきたいのが、まず世の中にアンテナを張ることです。話題のものや本や雑誌、はたまたイベントに至るまで、とりあえず買ったり行ってみたりしていろんな情報を収集しましょう。最新情報とリンクしたものを持っているだけでも何かのタイミングで話題になり話が繋がったりするもんです。そしてそういうところから大きな仕事につながることも大いにあるのです。そういったすべての情報収集は、相手の心をつかむための事前投資だと思えば安いものなのです。もちろん高価なものである必要はありません。数百円でできることだって話題になるものはたくさんありますからね…。大切なのは、自分の直接的な体験から得た一次情報です。親近感があって尚且つリアルであればあるほど人は興味を持ちたがるのです。

 

普通に気遣いのできる人間を目指す

 昔から自己紹介をはじめ、話のうまい人と下手な人は明確に分かれています。たとえば、会社名や職業で自分をアピールしてくる人間はたいていの場合、話の中身がない傾向にあります。要するに初めてのクライアントに名刺を見ればわかることは、あえて口にする必要はないということです。自己紹介の基本は自分は何をやっている人間なのかを説明するものです。たとえば、「弊社では開発部の部長を務めています…。」ではなく、「高輪ゲートウェイ」近隣でショッピングモールの開発をしています…。」のほうが聞き手の想像をかきたてるものです。要するに相手先に具体的に何をしている人なのか、思わず質問したくなるような自己紹介をすればよいのです。

 

いつの間にか自分んも老害に

 やたら声の大きい人とか、大きな咳やくしゃみをする人はどの職場にも少なからず存在します。ただしそんなデリカシーの無い人は確実に嫌われています。「不快に思うかもしれない」ということに対する気遣いが一切ない熟年社員は同じ職場の若い世代の人達にとって、恐らくストレスでしかないでしょう。おまけに寄ってほしくないのに「それ俺も聞いたことがある…。」と割り込むなどしようものなら余計に溝が深まるばかりです。そして極めつけは何といってもマウントです。これは一番嫌われる行為です。あと、知ったかぶりもアウトです。とにかく少しでも信頼を勝ち取りたいなら、知らないふりして感心しながら話を全部聞いて、質問したほうがうんと好感を持ってもらえるでしょう。いずれにせよ些細なことでも会話のキャッチボールこそが話し上手への第一歩なのです。

 

プライバシーに踏み込む質問はタブー

 自慢やマウントに加えて問題なのが、デリカシーのない質問です。とにかくプライバシーに踏み込む質問は今の時代極力避けなければいけないひとつです。一歩間違えば、セクハラ、パワハラですし、そもそも大きなお世話なのです。それにさほど関心があるわけではなく、何の気なしに聞いているだけだとしたら、最悪です。後先の話の展開も考えずに適当に話題を振るのは論外です。「そうなると何を話せばいいのかわからない…。」という人には、こういうのはどうでしょう。たとえば出身地を聞く。聞き方もひと捻り加え「その名字って、もしかして九州出身…?」など予想して言ってみる。要は当たっていてもいなくても、会話のきっかけになればいいのです。

 

相手の話を聞き出す会話術

 会話で大事なのが仮にたくさん話したとしても、自分のことは極力話ないことです。相手が発言しやすい話題をふり相手に気持ちよく話をさせるのです。さらに、話に乗ってきた相手が繰り出してきた話題をさらに盛り上げていくのです。結果たくさん話している風相手の半分も話していない…。というのが上手な会話術といえるでしょう。ある仮説に、おもしろい人は、実はあまりしゃべらず自分がおもしろい話をする以上に、相手からおもしろい話を引き出すことだそうです。だから相手を気持ちよくしゃべらせることが何よりも大事訳なのです。あと注意したいのが、問いに対する答えがズレているケースです。これはかなり相手をイラつかせます。それと聞いている人が不快に感じる笑えない毒舌や、下ネタも話がつまらない人の特徴だといえるでしょう。

 

理想的コミュニケーション

 コミュニケーションの目的が、情報交換や共有だけが目的なら、おもしろくする必要性はありませんが、相手に心を開いてもらい心が通じ合うことが理想的コミュニケーションだと思います。そのためにはまず最初にやるべきことが相手にできるだけたくさん話させることなのです。そうするために様々な手法で会話する必要があります。ボケてみたり、相手に仮説をぶつけてみたり、話題のタネになるようなものを持ってみたりすることなどもそうでしょう。そうなってくると自分の意見や考えを言うべきタイミングというのは、実はかなり限られています。なので求められていない場でそれをやってしまうと、相手は心を閉じてしまうでしょう。会話とは多かれ少なかれ、誰もが相手に合わせて話しているものです。相手と楽しいコミュニケーションを取るためには相手側に立ってものを考えれば自ずと答えが出てくるのではないでしょうか。

 

 

最後に

 というわけで嫌われるであろう話はいくらでも出てきます。自分でボケて、自分でツッコんで、自分だけウケている人。おもしろい話があってね…とわざわざ自分で話のハードルを上げ自爆する人。人の会話に無理やり割って入り的外れな発言や持論を唱えてドン引きされる人。「要するに」とまとめにはいりつつまとめきれず話が長く嫌がられる人。等々数え上げればきりがありません。なのでこれからは「人の振り見て我が振り直せ」で自分が、されて嫌なことは絶対しない!を意識して自分の会話術に磨きをかけていくことに心掛けてみてはどうでしょうか?僕も自分で書いてていうのもなんですがそうしていこうと思います。

 

 

寿命の限界は決まっている?

f:id:rjmatsumura:20200313182711j:plain

 それにしてもコロナウイルスが世界中を席巻しているのを見ていると思わずSFXの世界とリンクしてしまいます…。何というかバイオハザードみたいな感じとでもいうのか、意図的ではないにせよ本当に怖い話です。それでも初期に感染した人たちには順に回復しているようなのでまずはひと安心です。いずれにせよ一日も早くこの暗い世の中の雰囲気を払拭したいものですね…。さて今回は、ウイルスに感染せず病にかからなくとも人はある時期が来ると死んじゃいます。そうです寿命というやつです。この寿命ですが、どうやら限界がかなり明確になっているようです。そこで人間の寿命について少し興味が出てきたのでちょこっと調べてみることにしました。

さて、今では様々な分野で技術が進み、それに合わせるように医療技術も格段に進歩し、人間の寿命はどんどん延びる一方のようです。最近アマゾンプライムで「ポツンと一軒家」をよく見ているのですが、ほとんどが70歳代から90歳くらいまでかなりの高齢者が、ほとんど自給自足で元気に過ごされています。そんなのを見ていると少し憧れてしまいます…。それにしても100歳オーバーはいまや全然珍しくない年齢になりました。因みに2018年の平均寿命は男性が約81歳で、女性が約87歳だそうです。一昔前の1950年頃では男性は約50歳、女性約53歳だったらしいので、実に71年間に男性は31年、女性は34年も平均寿命を伸ばしたことになるのです。それに100歳以上の人口も増える一方のようで昨年2019年には100歳オーバーがなんと7万1274人だったといいます。高度成長期だった1963年ごろでは約150人だったらしいので、これも56年間に約465倍も増えた計算になるのです。この増え方はさすがにビビりますね…。しかも今は、遺伝子編集(ゲノム編集)技術により病気を遺伝子から治せる時代に入りつつあるといいます。いよいよ不死時代に突入ですね…?

 

人間の限界寿命とは

f:id:rjmatsumura:20200312160210j:plain

 そもそも人間の寿命はどんなに延びても最長で約115年だそうです。実はそんな研究結果が2016年にアメリカの研究チームが発表しているのです。根拠として日本、米国、英国などの人口統計データなどの解析を基にした結果その数字を導いたそうです。どうやら100歳以上の人たちの寿命が延びるペースが減速しつつあり、少なくとも過去20年の間に最高年齢の水準が一定になりつつあることが分かったからだとか…。その研究チーム曰く105歳以上の人は増えておらず、人間の寿命の限界、MAX115歳くらいだと考えられています。実際に、100歳以上が急増している日本といえども、これまで115歳を超えた人はほとんどいないのではないでしょうか。ただ世界に目を向けてみると正確な記録が残っている範囲で最も長生きした人は、1997年に122歳で亡くなったフランス人ジャンヌ・カルマンという女性だそうです。しかしながらこれは研究チーム曰く例外中の例外のようで今後カルマンさんを超える長寿があらわれる確率は極めて低く、でたとしてもせいぜい125歳が限界としています。それでも125歳は凄い…。

 

体にも保証期間がある

 前述したように急激な寿命の延長は公衆衛生や栄養の目まぐるしい変化により病気を寄せ付けなくなったことや、医療技術の向上により病気やケガをしても回復できるようになったからです。しかし、そうした長寿を支えている要因を除いた場合、本来定められた人間の寿命は江戸時代同様にずっと短く、50歳程度と想定されています。確かに昔に比べ不治の病は少なくなりましたからね…。因みに癌は、細胞分裂時にDNAの複製エラーが生じることで発生するとされています。人体にはそうしたエラーを防ぐさまざまな仕組みや、がん化した細胞を排除する免疫システムが備わっているようですが、それも、50歳前後になると劣化して、がんを防ぎきれなくなるそうです。つまり、人間は50歳前後になると死ぬためのツールの一つに癌あったともいえるのです。そうして神がかり的に寿命を制限してきたのかもしれません。また、人間を含む哺乳類はだいたいみんな心臓が15億回打てば死ぬという、生物学的考え方があるようです。それによると、体の大きさから予想される人サイズの動物の寿命は41・5歳となるのだとか…。つまり、生物学的には人間の体は42歳を過ぎると保証期間切れという理屈になります。

 

寿命のリミッター

 数が増え過ぎると食料争いなどが起きて集団としての人類が滅びてしまう…。という理屈はどうやら後付けのようです。そもそも理論的に人間の寿命は120歳くらいが限界、という声は昔からあったようで、それはヒトを構成している37兆個の細胞の分裂回数の限界が約50回で、この回数から考えられる寿命が120年だからといいます。調べてみると細胞の核にある染色体の末端にはDNAを守るテロメアと呼ばれるタンパク質があって細胞分裂のたびにそれが短くなり、それがなくなると染色体に異常が起きて死んでしまうというものです。というわけで、人類は37兆個の細胞からできていて、この37兆個の細胞が死ぬと数のうちであるヒトも死んでしまうということです。

 

2種類の死に方

 細胞には2種類の死に方があるといいます。外側からの衝撃などで死んでしまう壊死(えし)と老化した細胞やウイルス、放射線、ホルモンなどの刺激により機能が低下した細胞を細胞自身が殺してしまう自死(じし)です。因みに大昔、地球に生命が誕生して20億年近くは1倍体生物(大腸菌のような微生物)しかおらず、死の遺伝子は持ち合わせていなかったそうです。その後、自死の遺伝子を持つ生物があらわれ、それが遺伝子セットを2つもつ2倍体生物で、人類はその一員なのです。2培体生物のほとんどは人間のようにオスとメスの生殖によって子供を作るといいます。これを有性生殖(ゆうせいせいしょく)といいます。ここまでくるとかなり難しくなりますが、何とかぎりぎりわかる範囲で説明を続けてみます。

 

自然淘汰の仕組み

 まず、有性生殖では、オスとメスの遺伝子が混ざり合い多様な遺伝子セットを持つ子供が生まれます。これはさまざまな環境に適応できる子供が生まれるという点でメリットがあるそうですが、無性生殖とは違い複雑な遺伝子継承の作業が必要となるため、遺伝子の異常な組み合わせが出る可能性が高いということです。本来、異常な遺伝子を持つ子供は成長できずに死んでしまう可能性が高いですが、2倍体生物である人間は、染色体(遺伝子のセット)を2つもつため、片方に異常が生じても生存し生殖活動を行うことができる。そうすると異常な遺伝子を持つ細胞が子孫にどんどん蓄積され、やがて正常な細胞が作れなくなる子供が増えて人類そのものが絶滅する可能性があるそうです。そこで、不要な遺伝子を持つ細胞を後世に残さないようにサッサと自死させてしまうという仕組みが必要となり、それが即ち「自死」なのです。

 

最後に

 つまりは、人間は男と女という性とセックスという「生殖」を持ったことで、地球上で生き延びるのに都合の良い遺伝子を子孫に残せるようになった訳です。但しその代償として新たな「死」を背負ったということですね。無理やりまとめますと人はこの先、よほどのことがない限り、寿命の限界からは逃れられず、その壁はおそらくは120歳過ぎということになるということです。それは人生100年時代をリアルな現実と受け止め本気で100歳まで生き抜く心構えがいることを意味するのです。そうなるとやはり90歳くらいまでは働かないとダメかもしれませんね。恐ろしすぎる…。

 

今の自分に必要な心構え

f:id:rjmatsumura:20200310194449j:plain

 僕の場合いつもそうですが、やろう「今日こそはやろう。」「明日こそはやろう。」「今週中にはやろう。」「今月中には絶対終わらせよう。」「今年こそは完成させよう。」などなど、先送りすることがよくあります。そんな時、ついついできない理由をもっともらしく並べ立てて自分に対しての言い訳として正当化することがあります。もちろんこれは正直言ってイケてません。どう考えてもアウトです。それでも中には僕と同じように人生を過ごしてきた人も少なからず存在するはずです。そこで今回は、改めて「できない人とできる人」を対比する事柄を色々と調べてみました。

 

自分にとって耳の痛い対比

  • できない人は言葉で説得し、できる人は行動で説得する。
  • できない人はやたら話したがり、できる人は興味を持って人の話を聞きたがる。
  • できない人はお金を求め、できる人は成長を求める。
  • できない人は過去にこだわり、できる人は未来にこだわる。
  • できない人は不可能と思い、できる人は可能と思う。
  • できない人は他人のせいにして、できる人は自分のせいにする。
  • できない人は一人で頑張り、できる人はみんなで頑張る。

 

どうでしょうか?僕の感想としましては、まったくもってごもっともでございました。

 

思うに

 そもそもできる人もできない人も間違いなく同じ人間です。人間努力すれば、それほど能力に差はないもの…。と昔先輩によく言われたもんです。そう言えば、すっかり忘れてました。僕の場合今は、社会人としての第4コーナーを曲がり最後のラストスパートに差し掛かっているところです。少し遅いかもしれませんが、それでもこれからはできない理由をいちいち探して言い訳の材料にすることを辞め、ポジティブシンキングで最後まで全力疾走しようと思います。それのほうがよくよく考えるとよっぽど達成感があると思います。だいたい言い訳しておいて「言い訳したったー…。」なんて達成感は、あるはずもなく、まったくもってイメージもできませんからね。

 

落ち着かない空模様とパソコンの引っ越し

f:id:rjmatsumura:20200306175034j:plain

  年が明けたと思えば、あっという間に3月です。世の中では入試が終わった方思えばすぐさま卒業です。大切な思い出の日にしたいのにコロナウイルスの影響で登校を自粛させられたり、卒業式自体なくなったり、卒業旅行は行きにくいムードになりとにかく今年の春は、学生さんも新社会人も現役社会人までもがいろいろとダメージを受けているようです。おまけに春の嵐というにか天候もわけわからない状態で最近は通勤に合羽を着ることが多いことにうんざりする今日この頃です。ところでこの写真ですが、今シーズン一番たくさん雪が降った日に自宅の植え込みを撮った一枚です。といっても2~3回くらいしか降りませんでしたけどね…。これだけ見るとまあまあ積もった感がありますが、屋根にチョロッと積もった程度で道にも全く雪が残らず道が凍てたこともこの冬は無かったかもしれませんね…。

 

 

f:id:rjmatsumura:20200309113201j:plain

  今日の京都は朝から快晴で雲一つありません。予報によると日中は20度近くになるそうなのでようやく僕の好きな季節になって来たというわけです。

 

 

f:id:rjmatsumura:20200309113230j:plain

 今日は昼から新車登録で車検の持ち込みです。運転中に居眠りしないよう注意したいと思います。

 

 

f:id:rjmatsumura:20200309113358j:plain

 ところでつい最近Windows7からWindows10に引っ越ししたのですが、IDとパスワードのあるソフトが、山盛りあったので通常業務に戻るのに超大変でした。机やロッカーの中をひっかきまわしてIDとパスワードの記入されている書類を家探ししたり、各業者に再発行してもらったりとホントもうヘロヘロです。おまけに古いソフトは対応してなくて使えなかったりと困ったもんです。また新しい便利ソフトを見つけて仕事のパフォーマンスをたとえ1ミリでも上げたいと思います。

噂の車折神社に行ってみた!

f:id:rjmatsumura:20200302170226j:plain

 先月29日は娘の卒業式でした。その前日は予行演習で、一昨日本番を迎えたそうです。今世間を騒がせているコロナウイルスの影響で卒業式が、各クラスでの放送による式になり、おまけに大勢での打ち上げも自粛を促され本当にかわいそうでした。とにかく一日も早く収束することを願うばかりですね…。上の写真ですが、本当にコロナウイルスの影響で嵐山に人がいないのか渡月橋を渡ってみた時のしゃしんです。

 

 

f:id:rjmatsumura:20200302170412j:plain

 この写真は、渡月橋の北側です。

 

 

f:id:rjmatsumura:20200302170531j:plain

 北行きのメインストリートもこのすき具合です。中国人の団体客が、いないということで日本の観光客がそこに目をつけ観光に来ているとの噂ですが、本当のところよくわかりません…。

 

芸能人の願掛けスポットは女子だらけ

 さて今回は、京都市内にある車折神社を紹介したいと思います。カブでの引率にショートコースを下見しようと思ったのですが、当日はあいにくの雨模様だったので急遽打ち合わせを兼ねて昼ご飯を友人と食べることにしました。久しぶりに「王将」の味噌ラーメンとレバニラ炒めが食べたくなり、速攻で昼食場所が決まっちゃいました。やはり食べたい時に、食べたいものを食べると満足感がいつもの倍くらいになりますね…。しかしながら、さすがに王将では打ち合わせができなかったので食後のコーヒーをと思いうろうろ徘徊をしていたところ、突然友人が、「コーヒーの前に車折神社に前から行ってみたかったので行きません?」と申し出がありました。場所も近くだし急遽そうすることにしました。僕は全然知らなかったのですが、その神社は芸能人の夢を叶えることで有名な神社ということで食後の運動がてら参拝することにしました。

 

車折神社IN芸能神社

車折神社のご祭神は、清原頼業公(きよはら よりなり)だそうです。清原頼業公ですが、平安時代後期の儒学者で天武天皇の皇子である舎人親王の御子孫にあたり、一族の中には三十六歌仙の一人である清原元輔、その娘、清少納言らの名も見られたとか…。清原頼業公は大外記の職を24年間も任め、和漢の学識と実務の手腕は当代無比といわれ、晩年には九条兼実から政治の諮問にあずかり、兼実から「その才、神というべく尊ぶべし」と称えられた程だったそうです。

清原頼業公は平安時代末期の1189年(文治5年)に逝去され、清原家の領地であった現在の社地に葬られ、廟が設けられました。やがて清原頼業公の法名「宝寿院殿」に因み、「宝寿院」という寺が営まれたそうです。この寺は室町時代に至り、足利尊氏によって嵐山に天龍寺が創建されると、その末寺となりました。
また、清原頼業公は生前、殊に桜を愛でられたのでその廟には多くの桜が植えられ、建立当初より「桜の宮」と呼ばれていましたが、後嵯峨天皇が嵐山の大堰川に御遊幸の砌(みぎり)、この社前において牛車の轅(ながえ)が折れたので、「車折大明神」の御神号を賜り、正一位(を贈られこれ以後、この神社を「車折神社」と称するようになったそうです。それにしても普通そこでそんなものが折れたら時代背景的にもそんな称号が貰えそうに無いと思うんですけどね…。

ご利益としては、清原頼業公のご学徳により学業成就・試験合格はもとより、特に、「約束を違えないこと」をお守り下さる霊験あらたかな神様として全国的に強い信仰があるようです。たとえば、商売をしている人においては、様々な約束事や契約が守られることにより、集金(売掛回収)が滞りなく進み、経営が都合よく運ぶ御加護(商売繁昌・会社隆昌)がいただけるそうです。同様に一般の家庭においても、お金のやり繰りが都合よく運び、生活が豊かになり、お金に不自由しない御加護(金運・財運向上)がいただけるそうですよ。更には恋愛・結婚においても、様々な約束事や誓いが守られ、順調に成就・進行する御加護(良縁成就・恋愛成就)がいただけ、ご社頭には遠近からお参りする人々が絶えないそうです。その他にも、厄除け・交通安全など、どのような願い事に対しても車折大神様は願う人全員の約束を違えずにご利益をお授け下さるそうです。

それと、芸能神社ですが車折神社の境内社の一社で、昭和32年に他の末社(本社に付属した神社)より御祭神・天宇受売命(あめぬうずめのみこと)を分祀(ぶんし)創健した神社だそうです。天宇受売命が芸能・芸術の祖神として古来より崇敬されるゆえんは、日本神話で有名な神話の一つで、天照大御神(あまてらすおおかみ)が弟である素戔鳴尊(すさのおのみこと)の行いを逃れ、天の岩戸にお入りになり固く扉を閉ざされたためにこの世が暗闇になったあのお話です…。 
その時、天宇受売命が岩戸の前で大いに演舞(神楽舞)され、天照大御神の御神慮をひたすらにお慰め申されたところ、大御神は再び御出現になり、この世は再び光を取り戻した…。ということです。

ご利益としては、あらゆる芸能・芸術の分野で活躍する人たちにチャンスが訪れることで強い信仰があり、芸名・ペンネーム・劇団等の団名を記した朱塗りの玉垣が訳4千枚以上奉納されているそうです。ちなみに奉納料は、1枚: 13,000円 で掲載期間が申込日より2年間だそうです。驚くべきこだわりとして字体を統一する為、担当職員が1人で書いているそうです。なので掲載までに約2ヶ月の待機時間が要するそうですよ。
車折神社ホームページより抜粋

 

f:id:rjmatsumura:20200302171432j:plain

 嵐電側から見た車先神社です。

 

 

f:id:rjmatsumura:20200302171757j:plain

 見よ!この迫力決して居酒屋メニューではありません。

 

 

f:id:rjmatsumura:20200302171916j:plain

 あちらこちらに女子が出没…。

 

 

f:id:rjmatsumura:20200302172142j:plain

 この日も暖かく梅がとてもきれいでした。

 

 

f:id:rjmatsumura:20200302172216j:plain

 右手に見せるのが車折神社内にある芸能神社です。

 

 

f:id:rjmatsumura:20200302172312j:plain

 ピンからキリまでの芸能関係者が、訪れているという芸能神社です。

 

 

f:id:rjmatsumura:20200302172439j:plain

 熱心に撮影していたので僕も負けずに後ろから撮影してみました。 

 

 

f:id:rjmatsumura:20200302173400j:plain

 ちなみに本人も来られるそうですが、マネージャーなど関係者が本人に代わって玉垣を申し込む場合もあるそうですよ…。

 

 

f:id:rjmatsumura:20200302173714j:plain

 

 

f:id:rjmatsumura:20200302173738j:plain

 車折神社駅です。駅から徒歩5歩です。

 

 

f:id:rjmatsumura:20200302173902j:plain

 駅側から見た感じは、こんなのです。

 

 

f:id:rjmatsumura:20200302173936j:plain

 ガラガラの駅から見た嵐山方面

 

 

f:id:rjmatsumura:20200302174032j:plain

 で、これが静まり返った逆側です。

 

 

f:id:rjmatsumura:20200302174134j:plain

 普通なら「車折」くるまおれ?としか読めませんよね。僕だけやろか…。

 

 

f:id:rjmatsumura:20200302174259j:plain

 遺跡のようなこま犬です。なんとなく可愛いですよね…。

 

 

f:id:rjmatsumura:20200302174448j:plain

 このこまいぬは、「阿吽」の」「阿」」だけしか存在しませんでした。ということは女子のこま犬しかいないことになりますね。

 

 

f:id:rjmatsumura:20200302174918j:plain

 と、こんな感じでぐるぐると参拝してきました。 そして帰りに改めて最近リノベーションしたばかりの千代原口にあるマクドナルド→マックカフェに行きようやく打ち合わせとなりました。