松村堂

気になることは、気にとめる事にしました。

昔からお金持ちは性格が悪いと思われがち

f:id:rjmatsumura:20190325203350j:plain

 今はそうでもありませんが、若い頃に想像していたお金持ちというのは、当時のアニメやドラマの影響もあると思いますが、成り金的お金持ちの人を見ると、とりあえず悪そうだな~・・・。きっと性格悪いんだろうな~・・・。なんって思うことが多々ありました。これは、完全に僕の頭の中にすり込まれているある意味偏見かもしれません。それでもこのワードが友人同士で話題になると、時おり会話の中で「あのお金持は、絶対ズル賢くて性格悪いに違いない・・・。」なんてその人にとっては、大きなお世話ですがつい話をすることがあります。これってよく考えてみると無い者のヒガミかもしれませんね。そこで今回は、何故、お金持ち=ズル賢いになるのか?もしくは、お金持ち=性格が悪い・・・。というイメージを持ってしまうのか考えて見ることにしました。

 

思い込みが大きな誤解を招く

 もし仮に、お金持ちはズル賢くて、とても性格が悪い・・・。というのが世の中にすっかり浸透していたら、お金持ちの人達は、とんでもない思い違いをされていることになります。そう思うとホント恐ろしい話ですよね・・・。そう言う訳で今まで持っていた偏見を取り除き、できる限り科学的に見て、お金持ちは本当にズル賢くて、性格が悪いのか・・・?を調べてみたいと思います。

 

何故お金持ちはズル賢いとされるのかを探る

 まず、お金持ちはズル賢いのか・・・?という点について、調べてみました。あるんですね~。こんな事をちゃんと研究している所が、そしてその研究調査によると、IQが高いと、少しくらいは収入が増えるかもしれないという程度の効果が見られたそうです。逆に、そこまで大きな効果が出ているか?と言う質問には、そんなに大きな影響は出ていないようです。即ちIQの高さ=ズル賢さという訳ではありませんが、仮にそうだったとしても、別にズル賢くても、お金持ちになれるかどうかは一概に決まらない事になります。と言う訳で、お金持ち=ズル賢いという意見は、全く根拠が無いという事になります。

 

何故かお金持ちは性格が悪いとされる理由

 さらに、誠実性が高い人ほど、お金持ちになり易いことが研究でわかったそうです。そもそも誠実性が高いというのは、自己統制力や粘り強さ、真面目さ、責任感の強さなどがある人のことを言います。因みに、誠実性の高さは、アメリカの心理学者が開発した「BIG5」テストを受けることで、調べることができるそうです。興味のある人はいちど、調べてみてはいかがでしょうか。さて、話を戻しまして、色々調べた結果少なくとも、お金持ち=性格が悪い・・・。とはやはり言い切れないようです。むしろ、誠実性が高いということは、性格が良いとも解釈できます。そう考えると、お金持ち=性格が悪いというのは、大きな間違いである可能性が極めて高くなると考えられます。

f:id:rjmatsumura:20190325202847j:plain

  

お金持ちの共通点

 専門家曰くお金持ちの特徴として、最も代表的なのが未来展望型だそうです。このタイプの人は、未来のことを身近に考えていたり、未来のことをよく考えている人の事を指します。そしてこのタイプの人は、ただ真面目に貯金をする事に熱心なだけなのです。貯金はお金持ちになるための第一歩です。100円を貯めることができない人が、1万円を貯めることができるはずもありません。そう考えると、未来志向の人ほど、お金持ちになりやすいというのは確かに頷けます・・・。

 

最後に

 色々と調べてみましたが、「お金持ち=性格が悪い」というのは、やっぱり僕の偏見だったようです。むしろ、その逆で「お金持ち=性格が良い」と考えたほうが、正しいと感じました・・・。僕も含めてお金持ちで無い人達にとっては、ついついお金持ちに嫉妬してしまいがちですが、「お金持ち=性格が悪い」なんて考えていた自分のほうが、よっぽど性格が悪いかも・・・。単純に無い者のヒガミとして、嫉妬していただけなのかもしれません。それでもやっぱり僕がこんな風に歪んでしまったのは、感受性が高い時に見ていたアニメやドラマにも少しくらいは、問題が有った思いますけどね・・・。

 

自分に合うダイエットを日課にしよう

f:id:rjmatsumura:20190324175844j:plain

 昨日の夜、仕事が終わり会社を出たのが、10時30分でした。寒い寒いと思いながらもバイクを走らせ家路を目指していたところ、通勤途中の峠頂上辺りで温度計が、驚きの氷点下1度を表示していたのです。そりゃ~寒いはずですわ!おまけに今朝は、雨戸を開けてみると周りの民家の屋根が雪で真っ白になっていました。桜もツバメもスタンバッてると言うのにホントこの寒さは、勘弁して欲しいですよね・・・。さて今回は、先日健康診断の問診で医者にボロクソ言われた事が気になり今年から本気で更なるウエイトコントロールに着手しようと考えました。

 

まずは何が間違いなのかをよく理解する

 今まで思い込んでいたダイエットについての知識を一旦リセットし、改めてダイエットについて正しいもの、もしくは間違っているものを見極め、自分にあった正しい方法を日課にしようと考えることにしました。ひょっとして自分では気付いていない習慣や行動が、ダイエット効率を悪くするものだったかもしれません。そこで、間違いだらけ・・・?かもしれないダイエット方法についてどんなものがあるのか色々と調べてみました。

 

間違った朝食を摂っている

 夕食の内容は気をつけるけれど、朝食は何を食べても問題ないと思っている。または、太りそうなものは朝食に食べておけば大丈夫・・・。といった考えのもと、もし、毎朝菓子パンだけを食べて出かけているようであれば、改める必要があるでしょう。このような朝食だと血糖値が急上昇するため、すぐに空腹に襲われたり、インスリンの分泌が活発になることで脂肪を溜め込み易くしてしまいます。逆に、たんぱく質を豊富に含んだ朝食は、その後の食欲を抑えてお腹がすき難くなるといった効果が期待できるとされています。なので朝食の献立としては、洋・和食共に卵を使った料理を取り入れ、特に和食の場合であれば、納豆や豆腐をしっかり使いましょう。僕もそうですが、朝食を摂る習慣がないという人であれば、パルテノなどにあるギリシャヨーグルトや、豆乳そして、カッテージチーズなどを取り入れるようにすると、手軽にたんぱく質を摂れるでしょう。

 

有酸素運動さえすれば脂肪が燃焼するという都市伝説

 脂肪を燃やすためにジョギングやウォーキングなど有酸素運動だけをしているのであれば、損をしている可能性があるかもしれません。確かに、有酸素運動は脂肪燃焼に効果的ですが、筋肉量を維持・増量する筋トレを実践する習慣を持てば、1日に燃焼するカロリーが増えるため、長い目でみて痩せやすい体質となります。更に、筋肉が程良くつくことで体のラインも美しくなるほか、肌にハリが出るため、二の腕やひざのたるみ、バストやヒップの下垂予防にもなり、なにより若見え効果も大いに期待できるのです。

 

体に良いからと嫌いなものでも無理やり食べる

 ダイエットがうまくいかない理由の一つに、好きではないものを無理やり食べようとすることが挙げられるそうです。いくらダイエットに良いとされる食材であっても、「美味しくない」と感じてしまっては続けられません・・・。また、まったく融通の利かないダイエットも同じく、悪い結果に終わる可能性があります。心身共に健康的な食生活を送ることがダイエットにとって最も重要なので、嫌いなものを食べることで毎日が憂鬱になってしまっては本末転倒です。たとえば、苦手な野菜があれば調味料・スパイスなどで味にアクセントをつけてみるなど、自分なりに色々試し尚且つ工夫をして食べるようにしましょう。

 

一日何度も体重計に乗るのが習慣

 ある研究内容によると、ストレスをコントロールする技術を学んだうえでダイエットをしている人は、そうでない人よりも体重をより多く落とせることが分かっているようです。理由としては、ストレスによる不安、また、ストレスを食べることで紛らわすといったことを避ける方法を学ぶことができるからだそうです・・・。ダイエットをすると、どうしても短期間で体重を落とそうと思い、一日に何度も体重計に乗っては一喜一憂する人も多いといいます。そうなるとそれがやがてストレスとなり、ダイエット成功を妨げてしまう結果を導くのです。体重は計る時間帯や、時として体内にどれくらい水分を溜め込んでいるかによって大きく変わるものです。

長期的に体重を減らしていく際は、全体的になだらかな右肩下がりでありながらも、時として体重が増えたり、停滞したり、という期間が発生するのが普通だそうです。つまり、努力の結果がすぐに体重計に反映されなくても気にせず、ストレスを溜めないという気持ちが何よりも大切なのです。

 

計画通りにいかなかった時の対処を知らない

 ダイエット成功のためには、食生活や運動習慣を改める計画を立てることは必須ですが、時にはイライラしてストレスでつい食べてしまったり、疲れて運動が出来なかったり、接待の食事会で遅い時間に食べざるをえなかったりとなかなか一筋縄ではいきません。そして、以上のようなアクシデントに対応できるプランBをあらかじめ用意しておくことも、ダイエットを順調に進めていくためには必要な技なのです。

  • 食べ過ぎてしまった場合は2~3日以内に調整する。
  • 食べ過ぎたら、そこから16時間前後は食事をしない。
  • 食べ過ぎた食材は数日間は控える。
  • 運動の代わりに入浴で汗を流す。

というような微調整プランだと、無理なく立て直すことが可能です。ただ注意しないといけないのが、たった1回計画通りにいかなかったからといって投げやりになって諦めてしまうことです。これはある意味どんな事でも言えますけどね・・・。また翌日から、極端にある食品群を丸ごと抜いてしまうとか、大幅にカロリーを落とす等も、逆に代謝を悪くするなど、ダイエットの悪循環に陥ってしまうので気をつけましょう。

 

サラダ中心なら間違いない思っている

 ダイエットに良いとされる特定の食品や食事法を実践していれば、最初のうちはある程度体重を落とせるかもしれませんが、しかし問題なのは、そのライフスタイルをずっと続けられるかどうかです・・・。特に、美意識の高い人達に人気のサラダ中心の食事や、ジュースやスープでプチ断食など、たんぱく質、鉄分、カルシウムを取ることができず、冷え、疲れ、貧血を招く恐れもあり、健康な体に悪い影響を与えかねません。それに肌の潤いが無くなるなど美容面でもマイナスになりかねません。一見ヘルシーな食事は、カロリー面や栄養面が不足していることが多いため、するにしても程々にしたほうが身のためです。

 

最後に

 以上が、注意したほうが良さそうなダイエット方法でした・・・。と言う訳で僕は上記の調べた内容を参考に思い当たる間違ったダイエットを軌道修正して健康なからだづくりを目指したいと思います。ダイエットを考えているあなたも是非この機にトライしてみてはどうでしょうか?

 

 

 

将来心配が要らない人達or心配な人たち

f:id:rjmatsumura:20190323201815j:plain

 それにしても寒の戻りは辛いですね・・・。天気予報を見てみると、日本付近は冬型の気圧配置にガッツリ覆われ、15時までの最高気温は、札幌は0度6分で2月下旬並み、東京は8度8分で真冬並み、そして京都の僕が住む辺りは10度を切っていて3月上旬並みでした。また、福岡は13度6分で3月上旬並み、那覇は19度4分で2月上旬並みとなっていたようです。それに各地とも、昨日より気温が低く、ここ数日は春の陽気が続いたこともあり、一層寒く感じられたことでしょうね。そんな中でも、場所によっては桜が咲き始め、京都、奈良、下関でツバメも観測され始めたそうです。いずれにしても明日まではこの寒さが続くようなのでもうチョッとだけ我慢することにしましょう・・・。さて今回は、将来自分がお金の心配をせず人生を全うできるか否かについて考えて見ました。

 

将来お金の心配が要らない人 VS 要る人

 人は、生きている限り誰もが老後に向って進んで行きます。そんな中、将来お金の心配が要らないと思える人にはひとつの特徴があります。特殊なケースではなく、あくまでも一般的に見て将来が安泰になりやすいケースとそうでないケースというものがどうやらあるようです。仕事や立場など、自分で変えることができないこともありますが、自分はどちらのケースに当てはまるかを時には考えてみるのもいいでしょう・・・。

 

将来何の心配も要らない人の特徴とは

 厚生年金(会社員)の期間が長い会社員や公務員の場合、社会保険料として労使折半で年金を納める仕組みに なっているので納め忘れるということがありません。従って、未納期間がほとんど無く、国民年金と厚生年金の2階建てをしっかり受け取ることができる人。また、他にも確定給付型企業年金の終身型・有期型など、多くの企業が確定拠出年金に移行されています。公的年金以外に年金があるというのは老後の安定に大きく影響します。

個人年金がある場合、早いうちから個人年金保険でコツコツお金を貯めてきた人は、安心度が高くなります。個人年金という名称でなくとも60~70歳に満期を迎えるように設計された保険商品を持っている人も同様です。あと、家計の中で一番大きな支出でもある住居費つまりは、住宅ローンや家賃です。この費用が60歳までに完済予定だと、家計はぐっと楽になります。退職後、収入が減るのに対し、住宅ローン等で支出が多いままだと、精神衛生上も負担がかかりますからね・・・。

 

不労所得は有ると無いとでは大違い

 家賃収入や配当金収入といった資産から生まれるお金があるアパートや貸家の家賃収入や、まとまった株式などの配当金収入といったいわゆる「不労所得」があると心強いです。60歳以降は若い頃のように体を資本にした働き方では体がもちません。資産から生まれるお金があると当然気持ちにも余裕が生まれます。それと、60歳以降も自分で稼げるスキルがある自営業の人は定年という概念がないので、働ける時まで自分で稼ぐことができます。また、会社という看板を外しても、自分で稼げるスキルがある人は、老後も強い家計を作ることができます。それにそのような人達は、活き活きとしているので年齢を感じさせません。60歳を過ぎても現役でいられることや稼げることが自信となって、その人物を輝かせているのでしょう。

 

健康と良い環境が有ってこその話

 当然の事ながら健康や人間関係が老後の生活を大きく左右します。親子関係や兄弟姉妹関係がよければ多少お金に困ることがあっても助け合うことができます。また、精神面では孫の世話や地域のボランティアなど、生きがいを持つことがポイントになります。そして健康であること、親子や兄弟姉妹の仲がよいこと、地域や友人との人間関係がよいことなども将来安泰にはとても重要なポイントです。

 

将来不安な人の特徴とは

 国民年金しかない自営業者やパートの場合、国民年金しか支給されず、平成29年度の国民年金の満額は年77万9300円です。月に換算すると約6万5000円と、年金だけでは当然生活は難しくなります。自営業者の場合リタイヤ時期は自分で決められますので、稼いで小規模企業共済や個人型確定拠出年金等を活用し退職金や「自分年金」を作り上げる必要があります。また、貯蓄がない・個人年金がない公的年金だけでは不足する分を、貯蓄や個人年金でカバーする必要があります。貯蓄も個人年金もないまま60歳を迎えるのは相当不安ではないでしょうか・・・。

それに、退職金がない中小企業もしくは、退職金制度のない会社など、に勤めている人達も大いに不安だと思います。前述にもありましたが、家計の中で一番大きな支出である住居費は現役で収入があるからこそ、支払えるものです。賃貸派で気楽に過ごしてきても、老後は逆に家賃が負担になります。

 

最後に

 要するに真面目にひとつの会社で勤め上げた人は、様々な恩恵に授かり、転職を繰り返したり、起業して大して儲ける事も出来ず、すべてが自己負担になっている人は、不安な将来となる・・・。もちろん成功して勝ち組になる人も沢山存在しますが、そうでない人が、沢山いるのも事実です。どちらの人生を歩むかは、自由ですがよ~く考えて行動することを強くお勧めします。

 

 

お金が無い時の幸福感とは

f:id:rjmatsumura:20190322214411j:plain

  今日は、昨日と打って変わり僕の住む京都は、無茶苦茶冷え込みました。まさかこんなに寒くなるとは思わなかったので少しはやめの衣替えをしてしまっていたのです。なので本日のコーディネートは、Tシャツにウィンドブレーカーそしてチノパンをチョイスしてしまいました。おまけに今日は、支局に車検を1台もって行かなければならず、凄い寒い思いをし、久しぶりに不憫な感じを味わいました。やはり、日頃から天気予報はしっかり見ないといけませんね・・・。さて今回は、お金と幸福の関係について少しだけ考えて見る事にしました。

 

幸福になる為のストーリーを考える

 そもそもお金と幸福には、微妙な関係性があるような気がします。つまり、お金があるから幸福になれるのか?それとも幸福だからこそお金が集まってくるのか?いったいどっちなんでしょうか・・・。という関係性です。

 

とにかくお金があれば幸せなのか

 お金があると幸せになれるという理屈については、それを専門に考えている学者がいるんですから驚きますね・・・。聞くところによると、なにやら行動経済学の第一人者でもあり、ノーベル経済学賞を受賞した、ダニエル・カーネマン氏がその人のようです・・・。カーネマン氏によると、年収75000ドル(約900万円)で、幸福感が最高レベルに達すると考えているようです。また、アメリカのある銀行によると、貯蓄をしている人ほど幸福感が高いという統計も出ているそうです。要するに、たくさんお金を稼いでいて、たくさんお金を持っている人は幸せだということでしょう。しかし、こんな風にお金ありきで考えた場合、お金を持っていない人間は、どうすればよいのか考えてしまいます・・・。しかし、たとえお金を持っていない人がいたとしても、必ず悲惨な人生と言う訳ではありません。

 

幸せがお金を呼ぶという研究が存在する

 アメリカの某大学教授による、お金と幸福にまつわる興味深い論文があります。それは、幸福感が高い人ほど貯金をし、節約するというものです。つまり、幸せな人のところには、お金がやってくるということですね・・・。たとえば、少し極端ですが、自分はカップラーメンを食べているだけでも幸せを感じるような人種です。こういう細かな幸福感が貯金を促し、その貯金を上手に運用することで、お金に好かれる体質になれるという研究です。因みに嘘か本当か分かりませんが、幸せな人は苦い飲み物を飲むと、さらに貯金をしやすくなる・・・。という研究もあるそうです。なので、朝日を浴びながら、爽やかな気分で苦いコーヒーを一杯飲むだけでも、お金が貯まりやすくなるということです・・・。

 

幸福感を高める

 当然人によっては、「自分にはお金もないし、幸福感も全然ないです・・・。」なんて人もいるかもしれません。そんな人は、とりあえずお金を貯めるよりも前に、まずは幸福感から高めていくようにしましょう。意外かもしれませんが、幸福感は自分で引き上げることができるのです。心理学の専門家によると、幸福感を高めるには、5つの要素が重要だと言っています。そしてそれが次の5つとなります・・・。

 

幸福を高める要素

  • 前向きな感情を持つこと
  • 没頭できること
  • 良好な人間関係を持つこと
  • 人生に目的や意義を見出していること
  • 達成感を味わうこと

 

最後に

 なぜか理由は分からないけれど、全然お金が貯まらないな~・・・。と感じている人は、もしかすると幸福感が足りないのかも知れません。 そんな人は、前述した思考を頭にすり込みそしてそれを心掛けて、毎日の行動のなかで少しずつ増やしてみるといいでしょう。僕が思うに幸福感は、日々の生活を見直すだけでもかなり感じることができるはずです。幸福感が高まると長生きするという話もあるようです。100歳で反復横跳びを目指す僕としては、まさに願ったり叶ったりです。とにかく前向きに物事を考える事で、よいことずくめになっていく自分をイメージしましょう。そして早速明日からそのイメージ通りの行動をとり始めましょう!

何気に貯まってしまう貯蓄を目指す

f:id:rjmatsumura:20190321180932j:plain

 今日は、春分の日です。せっかくなのでこの冬大活躍してもらったヒーター付きベストを脱ぐことにしました。若干寒いかな?と思いつつ走ってみたら、全然寒くなかったのでホッとしました。それにこれからはどんどん暖かくなります。なのでライダーウェアもどんどん薄着になって行きます。花粉は辛いけれど暖かいのは大歓迎です。もうこれで寒い冬の通勤は、頑張らなくてすみそうです・・・。さて今回は、がんばらなくていい繋がりでのテーマにしたいと思います。

 

がんばらなくてもお金は貯まるものなのか

 貯蓄がたくさんある人は、大きくふたつに分けるとして、貯めるために必死にがんばっている人と、特にがんばらなくても、楽しく自然に貯まる人とに分かれています。そこで、前者を「貯める人」とし、後者を「貯まってしまう人」とします。もちろん、貯まらない人が貯まる人になるには、当然最初は色々な努力が必要です。でも貯まるようになってきたら、できれば「特にがんばらなくても自然に貯まる人」になれるに越した事はありません。そこでいくつかの項目を上げるのでひとつずつ見ていきましょう。

 

物欲編: 買う or 買わないを迷った時

  • 貯める人の場合、節約が優先と思っているので、我慢して絶対に買わない。
  • 貯まってしまう人の場合、欲しい物リストを持ち、優先順位を考える。

 確かにフラッと通りかかったお店で、急にほしくなる物や、気になる物ってあるものです。その時に強い意志を持ち絶対に買わないと我慢する人は、確かにお金が貯まりますが、場合によっては同じくらいにストレスもたまってしまいます。ところが、貯まってしまう人は、日ごろから欲しい物リストを持っているようです。自分が欲しい物の優先順位を常に考えて「別に欲しい物があるから、今回はやめよう」と、ストレスなく判断ができるようです。従って、ここで書かれているように「欲しい物リスト」を作ってみましょう。欲しい物の優先順位があれば、新しく何かを買うときや買うのを止める時に、重要な判断できます。

 

通販編:欲しい物をネットショッピングで買う

  • 貯める人の場合、送料も含めて10円、20円の差まで比較して安いところで買う。
  • 貯まってしまう人の場合、ある程度比較したら、安めのところでさっと買う。

 貯める人のなかには、節約しなきゃという使命感から、10円、20円の差まで気になるという人がいます。でも、あとになって、さらに10円、20円安いお店を見つけたときに損したかも・・・。などという残念な気持ちになるかもしれません。仮に1万円の買い物であれば、実際10円、20円は大した差ではありません。時間とパワーを使って安いお店を探しても、それが10円、20円に見合うものではないからです。逆に、ストレスがたまってしまうことのほうが危険かもしれません。それよりも、数百円、数千円単位で、日々の無駄な物を減らすほうが、節約の効果は高いのです。細かい金額にとらわれすぎないことが、気分よく貯められるコツだと言えるでしょう。

 

ポイントカード編:あれば作ってしまいそうになる

  • 貯める人の場合、ポイントが貯まるならお得と 迷わず作る。
  • 貯まってしまう人の場合、あまり行かないお店だと思ったら作らない。

 ポイントカードは、けっこうなクセモノです。1~5%の還元率でいっけんオトクだと感じますが、ポイントカードがあるからとか、ポイント倍増キャンペーンだから・・・。などと買い物の頻度がアップすることを狙いとする店側の策略なのです。これでは、貯蓄や節約に逆効果です。無駄に作らないためには、ポイントを貯めたその先まで考えることです。確実に行くお店、お気に入りのお店なら、ポイントを使うことは効果的ですが、買い物の頻度が低いようなら、ポイントカードはビシャッと作らないことです。

 

休日編:休みの日の基本的スタイル

  • 貯める人の場合、お金がかからないように、ずっと家にいる。
  • 貯まってしまう人の場合、外出する日と家にいる日を決めている。

 よく耳にするのが貯める人の場合、お金がかかるので、休日はずっと家にいます・・・。という考え方です。たとえ貯蓄はたくさんあっても、それが1円でも目減りするのがイヤというものです。物欲を抑えすぎると「最近ずっと我慢してきたからたまには、自分へのご褒美・・・。」と称して、訳の分からない大きな衝動買いをしてしまうケースが発生する場合があります。

一方、貯まってしまう人の場合は適度に外出して、友人と交流を楽しみ、情報交換をしています。ストレスも適度に発散できて、楽しい休日を満喫します。なので 適度な出費であれば、貯蓄額に大きな影響もなくストレスも溜まらないと言うことです。

 

貯金編:1年間で100万円貯めると決めた時

  • 貯める人の場合、思い立ったその日から、とにかく切り詰める。
  • 貯まってしまう人の場合、貯められる金額を考え、無理なく貯めていく。

 1年間で100万円貯めたい・・・。と思ったときに、食費を極力安くして、休日は自宅にこもりきり……というのは、かなりの努力が必要です。がんばれば、2カ月程度で30万円くらい貯まるかもしれませんが、辛くなって挫折してしまうかもしれません。そうではなく、計画を立てて「自動的に貯める仕組み」を作るのです。たとえば、ボーナスが有る人の場合、年間で40万円貯められそうなら、残りの60万円を月々のお給料から貯めていくのです。60万円÷12カ月=5万円。月々5万円を、自動積立定期などに設定すれば、1年間100万円貯まるという見通しがたちます。それ以外のお金は使ってもいいので、精神的に楽になります。

 

最後に

 このように貯める人と貯まってしまう人の違いについて改めて考えてみると、全く違う方向にベクトルが向いていることがわかります。特に忙しい人は、貯めることに対して、できるだけ頑張り過ぎないようにする事です。無理せず、よく考えて貯まってしまう人に少しずつでもなっていくようにしましょう。

 

モラハラはする側にもされる側にもなる

f:id:rjmatsumura:20190320214041j:plain

 今日は、天気が久しぶりによく雨も降らなさそうだったので久しぶりに歩く事にしました。自宅からぐるっといつものウォーキングコースを歩きました。距離にして約8キロです。しばらくぶりだったのでいきなり8キロはちょっとしんどかったかも・・・。そういえば前回は、いつ歩いたのか気になるので調べてみるとなんと去年の5月でした。そうなると僕のウォーキングは、1年ぶりと言う事になります。我ながら思い付きにもほどがあると思いました・・・。さて今回は、ここ数年で騒がれるようになったハラスメントについて考えてみたいと思います。世間では、35種類以上あるとされているハラスメントの中で特にメンタル的な部分を攻撃するとされるモラルハラスメントについて調べてみました。

 

見えない精神的暴力モラルハラスメント

 想像してみて下さい。たとえば休日に、とあるお宅では、家族での外出の準備をしています。お母さんは、朝食の片づけや子どもたちの世話に忙しく、一方、支度を終えたお父さんはさっさと運転席に乗り込み、エンジンをかけスタンバッています。お母さんは夫を怒らせないよう、化粧もそこそこに、あせる気持ちで家中のカギをかけて回ります。しかしお父さんは待ちきれず、大きく2~3回クラクションを鳴らします。せかされたお母さんは、慌てて助手席に乗り込みましたが、運転席のお父さんは、「まったく、 いつも遅いな~。遅くなるのが分かっているなら、なんで昨日のうちから準備しておかないんだ!」と小言を言われる。

 

心に深い傷を負わせるモラルハラスメント

 モラルハラスメントは、こんな日常の何気ないやりとりのなかでも、しばしば見られるものです。身近な誰かの行動の中に非難できるポイントを見つけ、そこを陰湿に指摘するなどして、相手の価値を貶めるのが、加害者の常套手段です。加害者は、相手を見下すことで、優越感に浸ることができます。こうしたモラハラは、家庭の中だけで起こるものではありません。友人、恋人関係でも起こりますし、職場のパワーを利用したいやがらせパワーハラスメントもその一つです。異性に対する性的いやがらせのセクシャルハラスメントも、モラハラの仲間といえるでしょう。つまり、どんな状況であれ、自分より立場の弱い人間に精神的な苦痛を与えて満足する行為は、すべてモラハラに関連するのです。

 

モラハラから逃れられないタイプ

 しかし、モラハラを受ける被害者は、なかなか加害者の支配から抜け出すことができないことが多いようです。それは何故でしょうか・・・。モラハラを受ける側は、加害者の巧みな操作によって人間性を否定され、自分はダメな人間と思い込んでしまうのです。さらに、加害者は厄介な事に一緒にいる自分は、いつも迷惑を被っている。被害を受けているのは自分の方だ・・・。と、加害者であるはずの自分の方が被害者であるように、思わせます。モラハラ被害者は、そうした操作を素直に受け入れてしまい、自己否定に陥りやすくなるのです。

 

モラハラはひとつの洗脳でもある

 しかも、加害者は、ダメなあなたを受け入れられるのは、自分しかいない・・・。と、自分自身を唯一の理解者であるかのように思わせたり、離れようとすると罪悪感を植えつけ、優しい態度やへりくだった態度に豹変し、言葉巧みに手懐けるのです。自立性や自己肯定感が低い人ほど、こうした態度に惑わされやすく、支配から脱出できなくなってしまいます。それより、もっと問題なのがモラハラを受け続けると、抑うつや不安、混乱、緊張が続き、心の病を発症してしまうこともあります。こうしたリスクを避けるためにも、本人がモラハラの被害に早めに気づき、加害者の支配から脱出する必要があるのです。それにはまず加害者の特徴を知っておくことが必要になります。

 

モラハラをするタイプとは

 モラハラ加害者になりやすい人には、一般的に次のような特徴が見られるそうです。

  • いつも自分が優位に立ち、賞賛が得られないと気がすまない
  • 他人の気持ちに共感することや、心を通わせあおうという気持ちがない
  • 他人をほめることをしない。欠点をあげつらい、いつも悪口を言っている
  • 自分の考え方や意見に異を唱えられることを嫌がり、無条件に従うことを要求する
  • 自分の利益のためなら、他人を平気で利用しようとする
  • 自分は特別な人間だと思っている

モラハラ的言動を受けたときには、最初から解決不可能な問題と考えるのではなく、まずは、そう言われるのは嫌だとか不愉快だ・・・。という自分の気持ちを伝え、相手とじっくり話し合うことが大切です。とはいえ、加害者のなかには自分の言動のハラスメント性に無自覚な人が少なくありません。それは、都合のよい答えを導き出すために、自分自身の心を操作しているためだと考えられます。

 

交渉しても変わらない場合は距離を置く

 加害者が相手を不安に陥れるためによく使う方法

  • 政治的な意見や趣味など、相手の考えをバカにし、確信を揺るがせる
  • 相手に言葉をかけない
  • 人前で笑い者にする
  • 他人の前で悪口を言う
  • 釈明する機会を奪う
  • 相手の欠陥をからかう
  • 不愉快なほのめかしをしておいて、それがどういうことか説明しない
  • 相手の判断力や決定に疑いをさしはさむ

もちろん、多少上記のような特徴を持ち合わせていても、すべての人がモラハラの加害者になるとはかぎりません。たとえば、精神的にまだ未熟な人や、挫折を知らない人は、尊大な態度で他人を傷つけてしまうこともあるでしょう。

 

最後に

 人間的成長過程にある人に自己中心的な部分があるとしても、少しでも他人を認め、共感を求める気持ちがあれば、いずれは精神的に成長し、思いやりが育っていくと思います。しかし、何度交渉しても変わらず、自己満足のために他人を利用するようなら、早めに距離をおいた方がいいでしょう。どうしても、その関係から抜け出せない場合には、極力相手との精神的な交流を断つことで、自分を守っていく方法を取りましょう。間違っても自分自身がモラハラの当事者にならないようにしましょう。

  

 

有給休暇義務化に潜む怪しい会社の怪しい動き

f:id:rjmatsumura:20190317184251j:plain

 いよいよ4月から有給休暇が義務化されることになりました。年間10日以上の有休があるすべての労働者は、これから会社側が最低5日の有休を消化させなければならないのです。そして対象となるのは正社員だけではないのです。次の条件を満たした契約社員をはじめパートさんやアルバイトさんも含まれるそうです。そこで今回は、知ってるようでよく知らない有給休暇が義務化について予習したいと思います。因みに以下の条件が満たされている人もその権利がある人なのです。

  • 入社後6か月が経過している「正社員」またはフルタイムの「契約社員」
  • 入社後6か月が経過している週30時間以上勤務の「パート・アルバイト」
  • 入社後3年半以上経過している週4日出勤の「パート・アルバイト」
  • 入社後5年半以上経過している週3日出勤の「パート・アルバイト」

但し出勤率が8割以上の人が対象との事です。

 

働き方改革関連法案のなせる業

 誰もが知ってのとおり昨年可決された「働き方改革関連法案」によって労働基準法の一部が改正された中で、守らない会社は違法行為になり刑事罰が与えられることになるというとても厳しい法案です。条件を満たす正社員もアルバイトも最低5日間の有休取得が義務化されるとなれば、労働者にとってはとても喜ばしい事のはずなのですが不思議と話題になっていないのが少々気になるところです。

 

意外と知らない有休の取得義務化の全貌

 昨年10月に、転職サービス関係の会社が、有休取得義務化についての調査を行ったところ、転職を希望する20代から40代の男女約500人に有休取得義務化を、知っていますかの質問をしてみたところ、過半数が知らないと回答したそうです。そもそも施行まで半年もないのに認知度が半数を下回っていたということは、いかに関心が無いかが解かります・・・。

一方、日本商工会議所は全国の中小企業2881社を対象に「有休取得義務化」をはじめとする法改正の準備状況などを調査し今年1月に結果を発表したそうです。その中で、法改正の内容や施行時期を知らないと回答したのは、従業員100人以下・50人以下の企業でも約3割を占めることが判明しました・・・。今回の法改正は労使ともにどうやら関心がいまいちのようですね。

 

有休取得義務化に対しての注意点とは

 まずは、パートやアルバイトは影響大の可能性についてです。そもそも有休取得義務化で会社は、ダメージを受けないのでしょうか?これまで有給休暇をあまりとらない労働者がいる職場では、恐らく相当な影響があると考えられます。というのも、この義務は、職場の平均ではなく、1名の労働者でも5日間の有給休暇を取らせていなければ違反となるからです。どんなに優良な職場であっても1名でも5日未満しか有給休暇を取得していない労働者がいればそれは違反になるからなのです。特にアルバイトやパート労働者を多く雇っている飲食店や、小売店は、これまでアルバイトやパート労働者が有給休暇を使ってなかった事が容易に推測されます。そうなると当然大きな影響がでるのは必然です。

 

学生のアルバイトも有休が義務化が適用

 正社員に限らず、アルバイトでもパート労働者でも、10日間の有給休暇が付与される労働者が対象となります。毎年夏休みが1週間あるような会社はあまり影響がないかもしれません。もしくは、夏休みやその他の休暇を、労基法上の年次有給休暇としている職場でも影響は少ないでしょう。しかし別の休暇制度で夏休みなどの休暇を与えている場合は、年次有給休暇の消化にならないため影響が出るでしょう。

今回の法改正で取得が義務化されるのは、年間10日以上の有休が与えられる労働者が対象ですが、そもそも有休自体は、週1日勤務のアルバイトでも6か月以上勤務すれば取得することができるということです。これがフルタイムの正社員・契約社員か、週30時間以上勤務のパート・アルバイトの場合であれば、有休は6か月勤務で10日発生となります。それより所定労働日数が少ないパート・アルバイトは、働いた日数に応じて有休が取得できます。

 

日本の有休取得率は世界最低レベル

 厚生労働省が2018年に行った有給休暇の取得率調査によると、1年間に民間企業の労働者に与えられた有休は1人あたり平均18.2日だったそうです。そして実際に取得したのは約半分に留まっているのが現状です。それでも有給休暇取得率(取得した日数の割合)は3年連続で上昇しており、2018年の51.1%は1998年以来20年ぶりの高水準となっています。ところで、おととし発表された世界の国別取得率と比べると日本は最下位という状況です。ただ、何が根拠か分かりませんが政府は2020年までに、年次有給休暇の取得率を70%にすることを目標に掲げているようです。

 

罪と罰

 たとえば、従業員に有休を取らせなかった会社はどんな罪になるでしょうか?それは、使用者(雇用主)に30万円以下の罰金が科せられる事になります。対して労働者には刑事罰はありません。労働者1名の違反につき「一罪」が成立するので、罰金はどんどん加算されていきます。仮に、100名の労働者について違反があれば、罰金の最大額は3000万円と言う訳ですね・・・。

 

経営側が新たにしなければいけないこと

 経営側は、労働者の有給取得状況に目を光らせる必要があります。法律でも、有給休暇管理簿の作成を義務付けられました。こうした管理簿を使用して、労働者に有給休暇を取るように促したり、有給休暇の時季を指定していく必要があります。また、経営側が一方的に有給休暇の時季を指定すると従業員からの反発が起きるかもしれませんので、極力労働者の希望を聴いて、それを尊重するよう努力する必要があるのです。

 

従業員側がしたほうがいいこと

 従業員側は、有給休暇を取得するだけなので、特別な準備は要りません。ただ、職場に有給休暇を取得しにくい雰囲気があるような場合は、法改正を機に変えていった方が絶対にいいでしょう。現実問題として殆どの職場で、有休を取ることためらいを感じる人はかなり多いと考えられます。もちろん会社側は、有休を取る労働者に対して不利益となる取扱いをしてはならないのですが、従業員の人達は様々な理由でためらっていることが考えられます。おまけに有休が義務化されるといっても、ブラック企業にとっては無縁の話ですからね・・・。

 

ブラック企業の手口に要注意

 ブラック企業など、義務化をごまかす手口はそれなりにあるでしょう。たとえば、正月休みなど、既にある休暇を有給休暇にすり替える手口などがそうです。仮に、今までは年次有給休暇とは別に夏季休暇を与えていたのに、その日を年次有給休暇に変えることで、義務となる5日を消化させるようなやり方の事です。そしてこれは、明らかに労働条件の不利益変更となります。この不利益変更自体に刑罰はありませんが、民事上その不利益変更が無効となった場合は、有給休暇を5日与える義務を果たしていないことになり、刑事罰を科せられます。他にも、これまで休日だったところを労働日に変更し、そこに有給休暇を充てるやり方もあり、同様に不利益変更となります。

 

有給が取れなかったら労働基準監督署に相談する

 有給が取れない場合、労働基準監督署に相談してみましょう。なにせ労働基準監督署がこの手の権限をもっていますからね・・・。そもそも労働基準監督官は、労働基準法については司法警察員(警察官や麻薬取締官など、捜査や逮捕などを行う資格のある公務員)と同じ立場にあるからです。

 

なぜ有休取得義務化の認知度が低いのか

 労働者はともかく、企業の認知度が低いのは問題です。理由としては、やはり有給休暇に対する意識が低い企業や労働者が多いからでしょう。なので取得率の低さ=認知度の低さに反映されているものと推測されます。企業側ものん気にしていると、そのうち違反となって刑事罰を受けるかもしれません。なので早急に制度を勉強するべきでしょう。

 

最後に

 考えるに日本での有給休暇の取得率が低い原因は、恐らくみんなが働いているときに自分だけ休むのはチョッと気が引ける・・・。というわけの解からない罪悪感が原因だと思います。しかしこれは日本特有の国民性という背景があるので、そう簡単に変わらないでしょう。ただ、どの道この法改正は、5日は強制的に有給休暇を取らせるというものですので、遅かれ早かれ淘汰されていくものだと思います。僕の勤めている会社も4月から定休日が5回から6回に増えます。休みが増えることは、嬉しいのですが、反面お金も無駄に使いそうなので若干今からビビッています。