松村堂

気になることは、気にとめる事にしました。

Cカードデビューの留意点

 

f:id:rjmatsumura:20200118164745j:plain

 最近、世間ではポーチやバッグといったものを持たないことがどうやらスタンダードのようです。そこで僕も脱バックにチャレンジしたいと考えました。しかしながら何十年もバッグを持つ週間の中で生きてきた僕としては手持ち無沙汰というか手荷物が無いというのはとても不安で心細く感じてしまいます。いずれにしても慣れるのには少し時間が掛かる様な気がします・・・。そんな何も手に持たない手ぶらスタイルを確立すべく必要最低限の所持品について色々と考えて見たいと思います。

 

極力何も持ち歩かないライフとは

 僕の場合、いつも所持しているのはまず、商売道具でもある運転免許証、長財布に小銭入れ、それにスマートフォンと充電器、最後にそれらを収納するバッグとなる訳です。これって最低限いるものと自分的には確信しているのですが、「じゃ~それって全部毎日使ってますか?」と聞かれれば、答えは「NO」となります。確実に毎日いるのが、免許証とスマートフォンだけになりますからね・・・。しかしさすがにお金を使わないにしてもゼロというのは社会人として些か問題なのでこれは少しでももっておきたいですよね・・・。かさばらない数枚のお札と1枚~2枚のクレジットカードを追加して所持するとしたらバッグは要らないかもしれません・・・。

 

とっても便利なクレジットカード

 そう考えると収納キャパにもよりますが、だいたいの洋服やパンツのポケットに収まる事になりそうです。そこで今回は、その中にあるかさばらずとっても便利なクレジットカードにスポットを当ててみたいと思います。クレジットカードは、財布から現金を探す手間を省けたり、支払いが後払いであったりすることから、支払い手段として非常に魅力的です。しかし、世の中にあるクレジットカードは非常に数が多く、どうやって選べばいいかわからないという人も少なからずおられると思います。そこで、せっかくカードを所持するなら節約につながるようなお得なクレジットカードを選びたいものです。

 

クレジットカードの年会費は無料で充分

 節約につながるクレジットカードの選び方の1つめとしては、とりあえず年会費が無料のクレジットカードを選ぶということです。クレジットカードの年会費はクレジットカードを保有するためにかかるコストなので、節約をしたいのであれば年会費無料のカードをチョイスしましょう。たとえば、ドコモのdカードなど使い方によってポイント還元が場合によって年会費を上回るものは別として、ほとんどが年会費無料のクレジットカードでことが足ります。

 

年会費無料の罠に気をつける

 但し、クレジットカードの年会費に関する注意点もあります・・・。クレジットカードの公式ホームページや比較サイトなどを見ていると「年会費初年度無料」という文字を見かけることはありませんか? このクレジットカードを「年会費が無料だからこれにしよう!」と焦って申込まないようにしましょう。というのも、このクレジットカードの年会費は、あくまでも初年度(申込んでから1年目)は無料ですが、2年目以降は年会費が有料になるので保有コストが発生することになります。仮にもし間違えて申込んでしまった場合は、2年目に入る前に解約するシビアさを身につけましょう。永年無料のものであれば、申込んでから何年経っても、どれだけ特典を利用しても年会費はずっと無料のままとなります。これらに注意して、クレジットカードの年会費をチェックしてみましょう。

 

ポイント還元率をよく理解しよう

 失敗しないクレジットカードの選び方については、ポイント還元率が1%以上かつ自分が得をするクレジットカードかどうかを選ぶことです。多くの人にとってのクレジットカードの醍醐味といえば、恐らくポイントを貯めることでしょう。因みにポイント還元率が何を示しているのかについて簡単におさらいしておくと、「クレジットカードの利用金額に対して、何円分のポイントが返ってくるか?」ということになります。何ポイントが返ってくるか?ではなく、何円分のポイントが返ってくるか?というのが重要なのです。

 

ちりも積もれば山となるスピリッツ

 クレジットカードは、たいていの場合100円分の購入で1円分くらいのポイントが返ってくるようなイメージです。通常時のポイント還元率が1%以上というだけでも高い還元率といえるのですが、クレジットカードのなかには特定の店舗や通販サイトで利用するとポイント還元率が数倍アップするというものがあります。要するにクレジットカードをいろんな用途に利用する人でも、頻繁にショッピングをする店舗や通販サイトがあるのであれば、それらをさらにお得に利用できるクレジットカードを探してみてはどうでしょう。クレジットカードで貯まるポイントというのは、実質的には割引と同じです。なので本気で節約をしたいのなら、ガッツリポイントを稼ぎましょう。

 

貯めたポイントの使い道

 あとは、実際に貯めたポイントの使いみちが沢山あるかどうかです。仮にポイントを効率的に貯めることができても、そのポイントの使いみちが少なかったり使い勝手が悪かったりしては意味がありません。というのも、クレジットカードを利用した節約のゴールは、貯めたポイントを無駄なく次の出費に還元することに意味があるからです。例そこで、ポイントの使いみちを幾つか上げてみましょう

  • クレジットカードの月々の支払いに充当する
  • 電子マネーにチャージする
  • 商品券に交換する
  • 商品に交換する
  • 他社のポイントに交換する

このように、クレジットカードを選ぶときは、貯めたポイントにどのような使いみちがあるのかというのもチェックするのもなかなか楽しいものです。

 

最後に

 という訳で節約につながるクレジットカードの選び方を幾つか紹介しました。くどいようですが、年会費は無料のものを選んで保有コストをゼロにしたうえで、効率的に貯めたポイントを利便性が高い使いみちに還元するというのが、賢いクレジットカードの使い方術です。そしてポイント還元率は、1%を基準に選び、そして自分がよく利用する店舗に特化したクレジットカードがあればそれを大いに利用しましょう。そして最後は、持ち物をミニマムにしてみましょう。そうする事でひったくりなどに遭遇する事が極力無いと思います・・・。